ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CF-Auto-RootとRoot Master MobileがGalaxy S 5のroot化に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 5の販売が海外で発売されてから1日も経過しないうちに端末をroot化する方法がXDA Dveloperssなどで公開されました。この記事で紹介するroot化方法は、Chainfire氏提供のCF-Auto-Rootを利用する方法と、中国のWEBサイトで配布されているGalaxy S 5のroot化にも対応したrootツール「ROOT大师(Root Master) v1.0.8」を利用する方法の2通りです。CF-Auto-Rootは、SUバイナリやSuperSU.apk、標準リカバリを備えたOdinパッケージのことで、PC用ROM焼きツール「Odin」を利用することで簡単に端末をroot化することができます。現在のところは、グローバル向けLTE版「SM-G900F」、グローバル向け3G版「SM-G900H」、その他、米Verizonと米AT&Tを除く米国モデル、カナダモデル用のCF-Auto Rootが配布されています。Root Master Mobileはapkファイルを下記のリンク先よりダウンロードして手動インストールします。そして、アプリに表示されるroot化ボタンをタップすだけでroot化を実行できます。Source : XDA Developers(CF-Auto Root)(Root Master Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One(M8)用純正ケース「Double Dipハードシェルケース」を入手
Android Tips : 有名人の最新情報をGoogle Nowで通知するように設定する方法
シャープのソフトバンク向け新機種とみられる「304SH」がFCCのの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP