ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年2月の国内スマートフォン出荷台数は約52万台と前年同期から大幅に減少(JEITA調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JEITAとCIAJは4月8日、2014年2月の国内携帯電話・PHSの出荷台数に関する調査結果を発表しました。調査結果によると、2014年2月の携帯・PHSの総出荷台数は前年同期の59.5%となる約137万台と大幅に減少していました、スマートフォンについては前年同期の38,6%となる約52万台とこちらも大幅に減少していました。スマートフォン率は驚きの38.6%だったので、スマートフォンよりもそれ以外の出荷台数の方が多かったことになります。前年同期に比べて大幅に減少した要因としては、前年は2月に春モデルの投入が集中していた一方で、今年は分散されたことによるものとされています。今年は春モデルの発売が前年に比べて大幅に少なかったことも影響していると思います。PHSの出荷台数は前年同期の59.2%となる約12万台でした。SOurce : JEITA



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、中国でGalaxy S 5のデュアルSIM版やTD-LTE版を発売
Gear Fitの開封動画やiFixitによる分解レポートが公開
Googleは車を停めた場所をGoogle Nowで通知する機能を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。