ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日々の活動とスマートフォン利用を時系列に確認できるSony Mobileの行動記録アプリ「Lifelog」の使用レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileより最近リリースされたXperia向けの行動記録アプリ「Lifelog」を使用してみました。この記事では、Lifelogアプリで一体何を確認できるのか、何に役立つのかなどを紹介したと思います。LifelogアプリはXperiaスマートフォンと人の身体的な行動を四六時中記録して、ユーザーがいつ、どこで、何を、どのくらい行ったのかを時系列に確認したり、各行動に目標を設定して日々その目標をどの程度達成できたのかを確認できるようにするアプリです。身体的な行動データは別売のリストバンド型活動量計「SmartBand SWR10」で取得できます。LifelogはSmartBandのビューワアプリとしてだけではなく、Xperiaスマートフォンのアプリや機能の使用履歴を記録したり、日記代わりとして役立つメモ(Life bookmarkと呼ばれています)を作成することもでき、それらは全てタイムライン上で時系列に確認できます。Lifelogアプリの主な機能は次の通りです。SmartBand SWR10で取得したアクティビティの確認Life Bookmarkの作成・閲覧端末の使用履歴の記録・閲覧目標の設定、達成度の確認アプリトップ画面上半分のエリアは「ジャーニービュー」と呼ばれるタイムラインです。左にスワイプしていくと過去に遡ってLifelogアプリに記録された端末の使用履歴やLife bookmarkを確認することができます。下側のカラフルなタイルは「ダッシュボード」と呼ばれる行動の種類をまとめたものです。その上側にはSmartBandで取得した歩数や消費カロリー、歩行時間、走行時間、睡眠時間が表示されます。「ダッシュボード」の他の7つアイコンは使用したアプリ・機能をジャンル別にまとめたものです。通話やメール、SNSアプリなどの利用時間を表示する「コミュニケーション」、写真と動画の撮影回数を表示する「カメラ」、音楽・ネットラジオの視聴時間を表示する「音楽」、動画視聴時間を表示する「映画/TV」、ゲームアプリの利用時間を表示する「ゲーム」、WEBページやニュースアプリの閲覧時間を表示する「インターネット」が用意されています。ジャーニービューには様々なアイコンが表示されていますが、それらはその時に利用したスマートフォンのアプリ・機能の種類と利用時間を表示します。その時に撮影した写真や動画、アプリの使用時間を確認することができます。「ダッシュボード」の各項目の情報は日/週/月別で確認することのほか、アプリ・機能別に使用時間を確認したり、設定した目標の達成度を確認することができます。Lifelogアプリの重要な機能と言える「Life bookmark」は、位置情報や天気・気温、視聴していた音楽、撮影した写真・動画、テキストを含むメモを作成できる機能です。テキスト以外の情報は自動で記録されるので、日記的なものとして利用できますし、日々の食事の記録帳、レストランやショップなどの外出記録として活用できます。Life bookmarkはアプリ上部のボタンで作成できますが、SmartBandのボタンを2度押すだけでも作成することができます。Lifelogアプリは、スマートフォンの利用を含めたユーザーの行動を記録できます。まさにライフログアプリッて感じです。従来のリストバンド活動量計のような行動データを確認したいという用途にはもちろん応えられますし、タイムラインを見ながら写真を撮った時間や外出時の行動を振り返ることにも役立つと思います。



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2のディスプレイの色合いや屋外での視認性をXperia Z、Xperia Z1と比較してみた
OpenSSLで発見された"HeartBleed"バグの影響を受けるAndroidアプリをチェックできるスキャナーアプリ「Bluebox Heartbleed Scanner」がリリース
Android版「Adobe Reader」がv11.2にアップデート、”しおり”機能やタブレットでの見開き表示などに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP