ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、サブ1,000元の8コアスマートフォン「黄金斗士(Gold Fighter)S8」を中国で4月21日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

LenovoがXiaomiの紅米スマートフォンやHuaweiのHonor 3Cなどの対抗機種として投入する新型スマートフォン「黄金斗士(Gold Fighter)S8」の発売日が4月21日に決定しました。「黄金斗士(Gold Fighter)S8」は中国の大手ECサイト JD.comを通じて販売されることになっています。価格は、1.4GHz CPU/1GB RAM/8GB ROMモデルが788元(約13,000円)で、1.7GHz CPU/2GB RAM/16GB ROMモデルが988元(約16,200円)です。中国で人気の高いサブ1,000元のミッドレンジスマートフォンになります。2モデルとも筐体は厚さ7.9mmの薄型設計で、デュアルSIMにも対応したAndroidスマートフォンです。5.3インチのLTPS液晶ディスプレイ(ゴリラガラス3、OSGタッチパネル)、MediaTek MT6502 8コアプロセッサ、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラなどを搭載しています。Source : Weibo(Lenovo)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Adobe Reader」がv11.2にアップデート、”しおり”機能やタブレットでの見開き表示などに対応
AUO、5.7インチ2,560×1,440ピクセルのスマートフォン向けAMOLEDパネルを開発
Samsung、米国で「Galaxy S 5 Developer Edition」を発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。