ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィギュア選手のおふざけ写真に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年に現役を引退した元フィギュアスケート選手・織田信成が、ツイッターに次々と日本人トップフィギュアスケーターたちと撮った「おふざけ」写真を投稿し、注目を集めている。

【画像や図表を見る】

以前から、風変わりなメガネをつけた姿の仮装写真や、ものまねタレントのコロッケと撮った変顔写真を投稿するなどしてフォロワーを楽しませてきた織田。特にコロッケとの写真には、「夢が叶いました。ありがとうございました」という文面が添えられており、織田のものまね好きや変顔好きな一面がうかがえる。

そんな彼が頻繁にものまね・変顔写真を一緒に撮っているのが、ソチ五輪にも出場した女子選手・村上佳菜子だ。織田は、村上とのコンビに「信ちゃん佳菜ちゃん」というコンビ名まで付け、ポーズ付きの全開スマイル写真や手で顔を変形させた変顔写真、そして、「間違えてショーに紛れたオスゴリラとメスゴリラ」と題した動物ものまね写真などを、4月に入ってから続々投稿している。織田だけでなく、村上も非常にノリのいい性格のようだ。

そして、ノリがいいのは日本人フィギュア界全体なのではと思えるような写真も登場。4月7日に投稿された写真には、織田・村上のほか、浅田真央、小塚崇彦、鈴木明子の計5人が皆で変顔しながらそろってジャンプする姿が写っている。文面は、「みんなでラフマニりました」となっており、“ラフマニ”とは、浅田がソチ五輪のフリースケーティングで披露したプログラムに使われている「ピアノ協奏曲第2番」の作者・ラフマニノフのこと。ジャンプは、そのプログラム中にある印象的なステップを再現しているという具合だ。

同ツイートは、投稿から24時間も経たない8日15時時点で1万1000回以上リツイートされており、お気に入りに登録された数も同時点で約1万4000と非常に多い。さらに一般のツイッターユーザーたちは、

「アカン…こいつらに惚れてまいそう」
「楽しそう~」
「フィギュアみんな仲良しでかわいい」

といった声を投稿していることから、フィギュアスケーターたちの仲睦まじい姿は、多くの人に微笑ましさを感じさせているようだ。
(R25編集部)

フィギュア選手のおふざけ写真に注目はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
過去最多RTのセルフィーで募金も
若田氏ツイッターの宇宙写真が人気
有吉の旅行写真「心温まる」と好評
田中聖 ツイッターで漫画部屋公開
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP