ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy J台湾モデルのブルーバージョンを発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが台湾で「Galaxy J」の新色”Sapphire Blue”を発表しました。日本では既に販売されているカラーです。Galaxy Jの台湾モデルは国内モデルをベースに、FeliCaやワンセグなどの国内向け機能を省いたグローバル仕様の機種で、発売開始時にはホワイトとピンクしか提供されていませんでしたが、3ヶ月ほど遅れてブルーも発売されることになりました。4月中に発売されるそうです。台湾モデルの基本仕様は、5インチ1,920×1,080ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM、背面に1,300万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、2,600mAhバッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooht v4.0、赤外線リモコン、NFC、DLNA、GSM/WCDMA/LTE(Cat 4)に対応しています。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
日々の活動とスマートフォン利用を時系列に確認できるSony Mobileの行動記録アプリ「Lifelog」の使用レポート
CMサイト、動画版スタンプ作成アプリ「動画スタンプ」をリリース
Lenovo、サブ1,000元の8コアスマートフォン「黄金斗士(Gold Fighter)S8」を中国で4月21日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP