ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nikon、光学12倍ズームt対応のAndroidデジカメ「Coolpix S810c」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nikonは4月10日、Androidベースのコンパクトデジカメ第2弾となる「Coolpix S810c」を正式に発表しました。Coolpix S810cは、1600万画素の裏面照射型CMOSセンサー(1/2.3型)、光学12倍のNIKKORレンズ(25-300mm・f/3.3-6.3)、Wi-Fi通信機能、GPS/A-GPS機能などを備えたコンパクトデジカメです。デザインは前作(S800c)からさほど変わっていませんが、レンズは新しくなっており、ディスプレイも3.7インチのLCDに変更されて屋外での視認性が向上しています。OSもAndroid 4.4.2(Google Play対応)にバージョンアップされるなど、様々な箇所に変化が見られます。S810cでは1080p@30fpsのフルHD動画を撮影することや、最大2cmの接写も可能です。手ブレ補正機能も搭載しています。また、撮影した写真にキーボードや音声入力機能を利用して最大400字のコメントを添付することや、FacebookやTwitterのようにタイムランで画像や動画を表示・管理することもできます。コメント付き写真の場合はツイートのような感じで表示されるそうです。ほかにも、Easy Autoモードやシーン自動検出モード、スマートポートレートモード、スペシャルエフェクトモードなどに対応。「NIKON IMAGE SPACE」アプリもプリインストールされています。ディスプレイ3.7インチ800×480ピクセルのClear Colorディスプレイ(反射防止加工)で、microSDHC/microSDXCカードもサポートしています。バッテリー容量は1850mAhで、交換可能です。国内での発表はまだのようですが、海外では今年5月に発売されます。米国価格は$350前後(約35,500円)となっています。Source : Nikon



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google Glass Explorer Editionを4月15日の1日限定で一般販売
動画共有サイト「Dailymotion」のAndroidアプリがChromecastに対応
Google、Android版「Chrome Beta」をv35にバージョンアップ、タブのUNDO操作やSamsung端末などのマルチウィンドウ機能などに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP