ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで人気のメールアプリ「Mailbox」のAndroid版が遂に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Dropboxは4月9日、iPhoneで人気のメールアプリ「Mailbox」のAndroid版を正式にリリースしました。MailboxはGmailとiCloudに対応したメールクライアントで、Dropboxアカウントでログインすると利用できるようになります。ログイン後はGmailまたはiCloudのメールアカウントを追加するだけです。Mailboxの特徴は、メールタイトルのスワイプ操作でメールの操作や分類を行える利便性の高さにあります。本家Gmailのようにメール一覧でメールタイトルを左右にスワイプすると、アーカイブや削除といった操作を行えるだけではなく、リスト(ユーザー作成)に分類したり、アラーム時計のようにあとで通知するスヌーズ設定も行えます。スヌーズ機能は”あとで読む”のようなもので、「Later」リストで確認できるほか、”夕方”や”夜”といった時間帯に再度通知することも可能です。Android版には「自動スワイプ」と呼ばれる新機能が追加されています。これはユーザーのスワイプやスヌーズ操作を記憶し、一般的な操作を自動化するというものです。例えば、興味のない会話をミュートしたり、特定のユーザーからのメールを夕方までスヌーズできるようになります。「Mailbox」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「Xperia Z1 SOL23」と「Xperia Z Ultra SOL24」のソフトウェアアップデートを開始、Xperia Z UltraにはSTAMINAモードや伝言メモ機能などが追加
京セラ、タイでDIGNO MベースのSIMロックフリースマートフォン「IQX KEN」を発売
Nikon、光学12倍ズームt対応のAndroidデジカメ「Coolpix S810c」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP