ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金銭感覚の危険度チェックリスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎月、気付くといつのまにか口座残高が減っている、なぜか貯金がたまらない…なんて人は少なくないだろう。これは、自分のお金の使い方をきちんと把握できていない証拠。将来を見据えて貯蓄をしていくためにも、まずは自分の金銭感覚をしっかり把握し、危機感を持つことから始めたほうがよさそうだ。

【画像や図表を見る】

そこで、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏に金銭感覚の危険度をチェックできるリストを作ってもらった。0〜2個しか該当しなければ「かなりの節約ニスト」。3〜5個該当なら「ギリギリ節約ニスト」。ここまではセーフだが、6個以上は危険なゾーン! 6〜8個該当なら「厳しい…散財ニスト」。9〜10個の該当までくると「危険! 借金ニスト」なのだ。6個以上当てはまってしまった人は、早急に意識改革が必要だろう。

●金銭感覚“危険度チェックリスト”
□待ち合わせなど、時間にルーズで遅れがち
□コンビニに寄ると、ついで買いをしてしまう
□交通費と食費を全部電子マネーで済ませてしまう
□セールやバーゲン品は買わないと損な気がする
□部屋が散らかっている
□大抵のことは「なんとかなる」と思っている
□レシートやポイントカードで財布が膨らんでいる
□買い物の際に、ついで買いをしてしまうことがよくある
□節約は格好悪いし、面倒だと感じる
□クレジットカードの分割払いやリボ払いをよく使う

横山氏によれば、金銭感覚と生活態度は密接に関係しているという。「時間が守れなかったり、片付けの苦手な人は、お金にもルーズな場合が多い」とのこと。 また、電子マネーで、交通費や買い物代などジャンルの違う出費を混ぜて支払うことも避けたい。収支を把握しづらくなり、支出が増える原因となってしまうからだ。

消費税のみならず、この先も僕らの負担は増える一方。少しくらい給料が増えたからといって、無駄な支出を続けていたら、お金なんて貯まるはずもない。傷が深くなる前に、今一度、自分の“悪癖”を見直してみよう。

(井上真規子/verb)
(R25編集部)

金銭感覚の危険度チェックリストはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
電子マネーで「金遣い」は荒くなる?
家計簿自動作成サービス活況
働く夫婦のお金のトラブルを防ぐ新ホウ・レン・ソウって?
消費税以外も!今後の負担増リスト
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP