ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラブレターをプレゼントと一緒に送ったら違法?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラブレターをプレゼントと一緒に送ったら違法?!

Q.
 Xさんはお付き合いをしている彼女Yさんに、どんなにYさんのことを愛しているのかを書いたラブレターをプレゼントと一緒にA社の宅配便で送りました。後日、XさんはYさんから違法なことしないで!と怒られてしましました。

 Xさんの行為は違法なのでしょうか。

(1)違法ではない
(2)違法である

A.
正解(2)違法である

  Xさんの行為は、郵便法における「信書の送達」に違反します。
 信書とは「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文」と定義されており(郵便法4条2項)、同法では日本郵便以外の事業者が「信書の送達」を行うことも、また誰もがこれを委託することを禁じています。これに違反すると郵便法76条1項では、「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する」と定められています。
 Yさんに自分の想いを綴ったXさんのラブレターは「信書」に該当し、A宅配業者に委託した行為は郵便法に違反することになります。この場合、XさんのみならずA宅配業者も罪に問われます。
 また、荷物に添える簡単な通信文(添え状)は「信書」に該当しない等、総務省は「信書に該当する文書に関する指針」で何が「信書」にあたるのかを掲載していますが、その示す基準は一般には分かりにくいものとなっているため、今年の政府の規制改革会議では、宅配業者が求める「信書」の定義の明確化を含む信書便事業におけるこの法規制についての議論がすすめられることとなっています。

元記事
ラブレターをプレゼントと一緒に送ったら違法?!

関連情報
誤配郵便物を勝手に処分するなんて(なっとく法律相談)
間違って郵便物を配送した郵便局を訴えたい!(なっとく法律相談)
引越前の住所に届いた郵便物を開封された!(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。