ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天スーパーポイントが今秋よりコンビニや飲食店など1万3,400の実店舗で利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽天は4月9日、今秋より楽天グループのロイヤリティ・プログラム「楽天スーパーポイント」を実店舗でも利用可能にすることで共通ポイント事業を本格化させると発表しました。これまで楽天スーパーポイントは楽天グループのサービスでしか利用できませんでしたが、今秋よりパートナー11社の全国1万3,400の実店舗でも付与・利用が可能になります。コンビニやデパートでの買い物、給油、飲食店での食事などで楽天スーパーポイントが利用でき、支払い金額に応じてポイントも付与されることになります。具体的には新たに発行される共通ポイントカード「Rポイントカード」に楽天スーパーポイントや顧客情報が記録されており、そのプラスチックカードを実店舗のPOSレジにスキャンさせることで、ポイントの付与や利用が行えるようになるそうです。スマートフォン対応の話は出ていません。サービス開始時点のパートナー11社とは、出光興産(出光のSAで利用可能)、J.フロントリテイリング(大丸、松坂屋)、ポプラ、サークルKサンクス、プラザクリエイト(パレットプラザなど)、ダスキン(ミスタードーナッツ)、プロントコーポレーション(プロントなど)、ジン・コーポレーション(ミュゼプラチナム)、日本通運(引っ越しは日通)、引越社(アリさんマークの引越社)釧路ポイントカード(和商市場など)です。Source : 楽天



(juggly.cn)記事関連リンク

英Handtecと英CloveでSIMロックフリー版「HTC One(M8)」の販売が開始
Sony Mobile,Xperia Z1 / Z Ultra / Z1 Compactに対して「14.3.A.0.757」ビルドへのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。