ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Negicco、ORIGINAL LOVE田島貴男プロデュースのシングル「サンシャイン日本海」発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


タワーレコードのアイドル専門レーベルT-Palette Recordsに所属する新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、ニューシングル「サンシャイン日本海」を7月22日にリリースする事が決定した。

「サンシャイン日本海」は、前作「トリプル!WONDER LAND」以来約3ヶ月ぶりのニューシングル。今回、「サンシャイン日本海」をプロデュースするのはORIGINAL LOVEの田島貴男。田島貴男氏がアイドルに楽曲提供、プロデュースを手掛けるのはこのNegiccoが初めて。これまで西寺郷太プロデュースの「愛のタワー・オブ・ラヴ」、「ときめきのヘッドライナー」、小西康陽プロデュースによる「アイドルばかり聴かないで」、矢野博康(ex.Cym bals)プロデュースによる「トリプル!WONDER LAND」などを発表し、渋谷系の系譜を辿ってきたNegiccoが、満を持して田島貴男とタッグを組んだ。また、カップリングの「フェスティバルで会いましょう」はNegiccoのプロデューサーconnieが作詞・作曲を担当した。

本作は初回限定盤A〜C、通常盤、完全生産限定盤(7”シングルレコード)、完全生産限定盤(カセットテープ)、の計6種類をリリース。初回限定盤AのDVDには「サンシャイン日本海」のMVを収録、初回限定盤BのDVDには「フェスティバルで会いましょう」のMVを収録。初回限定盤CのREMIX CDにはDORIANによる「ルートセヴンの記憶」のREMIXと、Avec Avecによる「あなたとPop With You!」のREMIXを収録する。

新潟を舞台にした歌詞と耳に残るメロディーの「サンシャイン日本海」は日本海の夏を感じるブリージン歌謡で、まさに新潟在住Negiccoとしての新潟愛に満ちた楽曲となっている。

田島貴男(ORIGINAL LOVE)コメント
アイドルの曲を作るのは初めてだったのでどういうふうに作ったらいいか分からなかったのですが、やってみたらとても面白かったですね。Negiccoにはどこかトボけたような魅力があって、それをプロデューサーであるコニーさんが引き出しているような気がしました。僕が思うガールズポップは今の時代に完全にフィットしているかどうかはわかりませんが、普遍性を持ったいい曲が書けたんじゃないかなと思っています。

リリース情報
Negicco「サンシャイン日本海」

2014年7月22日(火)発売
初回限定盤A(CD+「サンシャイン日本海」MV収録DVD付) TPRC-0094 1,500円+税
初回限定盤B(CD+「フェスティバルで会いましょう」MV収録DVD付) TPRC-0095 1,500円+税
初回限定盤C(CD+REMIX収録CD付) TPRC-0096 1,500円+税
通常盤(CDのみ) TPRC-0097 1,000円+税
完全生産限定盤(7”シングルレコード) TPRV-0011 1,500円+税
完全生産限定盤(カセットテープ) TPRT-0001 1,200円+税
※カセットテープのみ、タワーレコード(新宿店、渋谷店、新潟店、オンライン)限定

初回限定盤A〜C、通常盤 CD、完全生産限定盤(カセットテープ)収録曲 :
1.サンシャイン日本海
2.フェスティバルで会いましょう
3.サンシャイン日本海(inst)
4.フェスティバルで会いましょう(inst)

初回限定盤A DVD収録内容 :
M usic V ideo「サンシャイン日本海」
初回限定盤B DVD収録内容 :
M usic V ideo「フェスティバルで会いましょう」
初回限定盤C REMIX CD収録内容 :
1. ルートセヴンの記憶(D O R IA N rem ix)
2. あなたとP op W ith You!(A vec A vec rem ix)

7”シングルレコード収録曲 :
1. サンシャイン日本海
2. フェスティバルで会いましょう

関連リンク ■T-Palette Records WEBSITEhttp://tower.jp/label/t-paletterecords
T-Palette Records SoundCloudhttps://soundcloud.com/t-palette-records
Negicco WEBSITEhttp://negicco.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP