ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Knock Lock : ディスプレイの任意のエリアを2度タップするだけで画面ロックを行えるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ディスプレイの任意のエリアを2度タップするだけで画面ロックを行えるAndroidアプリ「Knock Lock」がリリースされました。最近発売された一部の機種には画面を2度タップするだけでスリープモードから復帰させたり、画面ロックまで解除できる機能が搭載されています。今回紹介する「Knock Lock」はその逆の機能を提供するアプリです。動作中に事前に設定したエリアを2度タップすると端末が自動的にスリープモードに移行します。電源ボタンが押しづらい位置にある端末などでけっこうや役立ちそうですね。しかも、LG Gシリーズの「ノックオン」とは違ってホーム画面以外でも機能するので、どの画面でもダイレクトに端末をスリープモードにできます。アプリの設定は簡単です。インストール後に「デバイス管理者」オプションで許可を与え、設定画面でタッチエリアを指定します。上図の赤い「K」アイコンがタッチ位置を示すもので、それを画面上の好きな位置に移動させるとことでタッチエリアを指定できます。通常タッチエリアは非表示なので、ステータスバー上などの分かりやすい場所にすることをおすすめします。「Knock Lock」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ZTEが中国でサブ1,000元のコストパフォーマンスに優れたスマートフォン「ZTE Red Bull V5」を正式発表
NTTドコモ、スマートフォンの通話定額プランやデータ通信の家族共有プランの導入を検討
1shopmobile.comでGalaxy S 5(SM-G900F)の注文受付が開始、4月12日より発送

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP