ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OnePlus OneはMSM8974AC 2.5GHzと3GB RAMを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OnePlusが同社の第1弾モデル「OnePlus One」の最終的なプロセッサ仕様とRAM容量を明らかにしました。同社のCEO Pete Lau氏がOnePlusフォーラムに投稿した情報によると、OnePlus Oneのプロセッサは「Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHz」で、RAM容量は3GBとのことです。現時点で最速のプロセッサと最大のRAM容量になります。当初プロセッサはSnapdragon 800とされており、その後、Snapdragon 801(型番は不明)に変更、さらに今回でMSM8974ACに確定したとされています。OnePlus Oneは4月23日に発表される予定です。こんな短期間に仕様を変えられるはずもなく、また、昨年11月にCyanogenのSteve Kondik氏はMSM8974AC 2.5GHzを搭載したCyanogenModスマートフォンの発売を予告していたので、最近のプロセッサ変更にまつわる話はKondik氏のツイート以前の回想録的なものではないかと思います。Source : OnePlus



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、スマートフォンの通話定額プランやデータ通信の家族共有プランの導入を検討
1shopmobile.comでGalaxy S 5(SM-G900F)の注文受付が開始、4月12日より発送
楽天スーパーポイントが今秋よりコンビニや飲食店など1万3,400の実店舗で利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP