ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gear Fitが画面の回転に対応して縦表示も可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

湾曲したSuper AMOLEDディスプレイによってスリム且つスタイリシュな感じに仕上がった「Gear Fit」が画面の回転に対応して縦向き表示も可能になったそうです。Gear Fitのディスプレイは1.84インチ432×128ピクセルと細長タイプで、製品発表当時は横向きだけに対応していました。これでは装着した場合に通常の時計と同じ仕草で確認しようとしても、UIが正面を向かず手あるいは頭を動かすか傾ける必要がありました。そんな中、韓国のSamsungブランドショップに展示されていたGear Fitは既に縦向き表示にも対応していたそうです。Gear Fitのグローバルローンチ日は4月11日なので大抵の国では発売時点で横向き表示も可能になっていると思いますが、出荷時に搭載されるファームウェアではなく、ソフトウェアアップデートでの提供となるかもしれません。縦向き表示ではUIも縦長になりますが、特に見づらい、操作しづらいという感じではなさそうです。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2の一部端末においてフロントパネルとフレーム間にギャップが生じる問題と4K撮影中にオーバーヒート状態になる現象が伝えられる
Android版「Pocket」がv5.4にアップデート、KitKatのImmersiveモードに対応
Xperiaスマートフォンの通知音にSony Mobile未発表機種の"Altair"や"Canopus"が含まれていた

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。