ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お掃除リヴァイで巨人を駆逐できるかも!? 『進撃の巨人 -反撃の翼-』×『ジーククローネ』セブン&アイ限定版発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ジーククローネ進撃コラボ

コミック累計販売部数3000万部を超えた大人気漫画『進撃の巨人』のソーシャルゲーム『進撃の巨人 -反撃の翼-』で、トレーディングカードゲーム『ジーククローネ』とのコラボキャンペーンが始動します。

『進撃の巨人 -反撃の翼-』のゲーム内で使用できるシリアルコードがついた「ジーククローネ スペシャルパック『進撃の巨人』セブン&アイ限定版」(以下『「進撃の巨人」セブン&アイ限定版』)が4月9日より全国のセブン-イレブン店舗で発売。本商品には、「GREE」にて好評配信中のソーシャルゲーム『進撃の巨人 -反撃の翼-』内で使用できるシリアルコードを封入。ゲーム内で入力すると、体力回復アイテム「金の食パン」が必ずもらえます。話題の「金の食パン」がゲームアイテムに! 実はこれ、セブン&アイ商品初のソーシャルゲームアイテムなんです。

さらにシリアルコードを入力した人の中から、抽選で1500名に「お掃除リヴァイ」のアバターと武器「調査兵団仕様はたき」限定セットをプレゼント! 運良く手に入れることができれば、「お掃除リヴァイ」アバターは「調査兵団所属特別清掃兵」クラスとしてプレイヤーの仲間に、「調査兵団仕様はたき」武器は、巨人との戦いにも使用できる画期的なお掃除器具として使用できます。お掃除リヴァイで巨人を駆逐したい!

ジーククローネカード

また、『「進撃の巨人」セブン&アイ限定版』のオリジナル特典として、3月20日に発売された「ジーククローネ スペシャルパック『進撃の巨人』」限定描き下ろしイラストのコレクションカード(※)が、1パックにつき1枚(全12種)入っています。

『「進撃の巨人」セブン&アイ限定版』を手に入れて、カードゲームもソーシャルゲームもさらに楽しんじゃいましょう。

【商品概要】
商品名:ジーククローネ スペシャルパック「進撃の巨人」セブン&アイ限定版
発売日:2014年4月9日(水)
価格:300円(税抜)
取扱店:全国のセブン‐イレブン店舗
※取り扱いの無い店舗、販売時期の異なる店舗もありますのでご了承ください。無くなり次第終了とさせていただきます。
内容:
1パック5枚(ゲーム用カード)入り(全72種/パラレル36種類含む)
出演声優サイン入りカード ランダム封入(全3種)

・セブン&アイ限定版特典:
(1) 限定コレクションカード1枚入り ※コレクションカードは、スキルなどの戦闘情報が記載されていないキャラクターイラストのみのカードのこと。
(2) ソーシャルゲーム「進撃の巨人-反撃の翼-」でアイテム「金の食パン」がもらえるシリアルコード
※シリアルコード有効期限:2014年4月8日(火)0:00 – 2014年6月30日(月)23:59
(3) シリアルコード入力したお客様から抽選で1500名様に「お掃除リヴァイ」アバター&武器の限定セットをプレゼント
※限定セットは、お一人様最大5個までとなります。

ジーククローネ 「進撃の巨人」公式サイト
URL:http://siegkrone-tcg.com/news/news20140407/

「進撃の巨人-反撃の翼-」について
キミも今すぐ調査兵団に志願しよう! 大人気「進撃の巨人」がRPGになってサービス開始。エレンやミカサ、アルミンといったおなじみのキャラクターと共に、600種以上の武器を駆使して迫りくる巨人を駆逐せよ!

ソーシャルゲーム「進撃の巨人 -反撃の翼-」公式サイト
http://www.sk-social.com/ [リンク]

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)GREE Entertainment Products, Inc.
(C)諫山創/講談社
(C)S&P・SKS Project


■関連記事(ゲームライフニュース)

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス -Idol Revolution-』 41時間で登録会員数が10万人を突破!
『To LOVEる–とらぶる- ダークネス -Idol Revolution-』 登録会員数が早くも20万人突破!
「ONE PIECE モジャ!」シリーズ最新作『ONE PIECE グランドクイズバトル』Android向けに配信開始!
『アイドルマスター シンデレラガールズ』 テレビアニメ化決定&登録者数400万人突破キャンペーン実施
『ファンタシースターオンライン2 es』正式サービスがスタート! 各種キャンペーンも実施中

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。