ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美少女のパートナーを召喚! 世界観は説明不足か アニメ『星刻の竜騎士』クロスレビュー[6/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014春アニメクロスレビュー『星刻の竜騎士』

アンサリヴァン騎竜学院―そこは竜と契約を交わした少年少女が通う学院。その生徒である少年アッシュは、契約の証である<星刻>を持ちながらも、パートナーの竜がいまだ誕生していないため、肩身の狭い思いをしていた。そんな彼の身に宿っていた竜が、ある事件をきっかけに、ついに覚醒の時を迎える! だが、目の前に現れたパートナーは、他の竜とは違い、なんと少女の姿をしていて……!?

制作/C-Station
監督/多田俊介
声優/高橋孝治、伊瀬茉莉也、佐倉綾音、井上麻里奈
4月7日よりスタート
TOKYO MX 毎週月曜日 24:30~
公式サイト:http://www.seikokutv.com/[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6/10点(レビュアー 4名)

srbnのレビュー

演出 7
脚本 6
作画 6
OP / ED 7
使い魔度 10
-----
総合 7

アバンから腕が切られ腕が生えるという作品。なんのこっちゃ。作中、金髪の子がいい感じに説明役を担ってくれていてありがたいですが、基本的な世界観の説明があまりされていない予感。パル=相方のドラゴンというのも公式サイトで知りました。ドラゴンのレースに出場するものの、途中から自分の物語を進めていくという展開に疑問を感じましたが、そうしないと話が進みそうにないので仕方ないのでしょう。火を吹き、空を翔け、生物を喰らう、いわゆる“ドラゴン”っていうよりは見た目が凶暴なペットモンスターという感じがしました。オープニングはゲームっぽいなーと思ったんですが原作はラノベなんですね。

ジョージ・レックのレビュー

演出 4
脚本 4
作画 6
OP / ED 6
Dragonの描写度 8
-----
総合 4

騎竜学院の劣等生っぽい主人公がお高く止まった金髪王女様におちょくられて、家に帰れば毎晩毎晩ドいやらしいレディに何かされている。そして自分の身体から生み出されたDragonは美少女。こいつだけDragonじゃなくて美少女。コイツご褒美だらけの生活ネ。グッと引き込まれるところは特になく、ヌルッと進んで行きそう。メリハリ
無いな。ラノベっぽさだけで、特筆すべき点もないので空気Animation候補。エンディングのはっちゃけぷりは1話の時点では作風に全然あってない気がするけどまあ、良曲。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 4
脚本 5
作画 7
OP / ED 6
なにがどうなっているんだよ度 10
-----
総合 5

いきなり主人公腕ちょんぱで死んでる。。。 と思ったら今は普通に生活しているようですが何となく他の人達とは状況が違う模様。ラノベにありがちな特異主人公ものですね。この世界の女性はみなさん乳袋標準装備のようで大変ステキです。竜使いの話のようですがイメージする竜とはちょっと違う馬タイプも多い模様。竜のサイズも他とだいたい同じなのでその辺の表現もっとがんばって欲しかった。専門用語の補足もないのでおいてけぼりです。残念作。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP/ED 7
雌ドラゴンの使い魔度 10
-----
総合 8

ラノベ原作のアニメ作品な今作、竜騎士ww 竜騎士って聞くとFF4のカインを連想する世代ですが、今作は竜騎士と書いてドラグナーって読むらしいですwww 事前知識はありませんが、ファンタジー世界の話みたいですねww異世界でも学園が舞台の作品は凄まじく多いので王道スタイルと言って良いでしょうwww
しかし、竜騎士の学校らしく「騎竜」ってのは面白いですなww だが、そもそもこんなに狭い訓練場で何匹も同時にドラゴンを戦わせてるのに接触禁止とかめっちゃ厳しいと思われるwww 個人的には陸上系のドラゴンに乗っているのを見ると「ダイの大冒険」の竜騎衆ラーハルトを思い出すwww ベタン!!wwww 主人公のパートナー竜だけ擬人化した女の子…… つまりゼロの使い魔みたいな感じって事で良いのかなとwww

レビュアープロフィール

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP