ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OmniROMの便利なタスクスイッチャー「OmniSwitch」がRoot化済みのほぼ全てのAndroid 4.4端末で利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidベースのカスタムROM「OmniROM」に搭載されている便利なタスクスイッチャー「OmniSwitch」がRoot化済みのほぼ全てのAndorid 4.4端末で利用できるようになりました。OmniSwitchは、画面の端のハンドルを内側にスワイプすると、各種操作ボタンやショートカット、最近起動したアプリの履歴、アプリドロワーが表示され、端末の操作やアプリの切り替えを行ええる高機能なタスクスイッチャーです。Androidで行う大抵の端末操作をナビゲーションバーを利用せずに画面のタッチで行えるので、端末の操作性がよくなります。OmniSwitchはGoogle Playストアでは配信されていません。XDA Developersで配布されている「OmniSwitch.zip」をカスタムリカバリからインストールし、その後、「OmniSwitch.apk」を手動でインストールします。機能はOmniROM用なのですが、上記ファイルをインストールできればどのようなAndroid 4.4端末でも利用できます。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
QualcommがLTE-Advanced Category 6対応の64bitプロセッサ「Snapdragon 810/808」を発表
OPPOが「Find 7a」のグローバル向け予約受付を開始、価格は$499
インド Lava、Exmor RとF2.0レンズを搭載した5インチスマートフォン「Xolo Q1010i」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP