ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公式サイトにワロタ あくまでも健全なロボットアニメ! アニメ『健全ロボダイミダラー』クロスレビュー[6.5/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014春アニメクロスレビュー『健全ロボダイミダラー』

突如として地球に現れた謎の生命体《ペンギン帝国》と対ペンギン専門の秘密組織《美容室プリンス》の戦いが続く中、《美容室プリンス》は《ペンギン帝国》が操る巨大ロボ《ペンギンロボ》に対抗するために開発した対ペンギンの最終決戦兵器《ダイミダラー》のパイロットを探していた。女性が持つ豊かな双丘に夢中な熱血男子高校生・真玉橋孝一は、その身に宿す未知のエネルギー《Hi-ERo粒子》の因子保有者(ファクター)であるが故に、《ダイミダラー》のパイロットに選ばれるのだが……。

声優/島﨑信長、日笠陽子、石上静香、花江夏樹
4月6日よりスタート
テレビ埼玉 毎週日曜日 25:30~
公式サイト:http://penguin-empire.com/[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.5/10点(レビュアー 4名)

srbnのレビュー

演出 7
脚本 5
作画 7
OP / ED 7
尻尾なら仕方ない 10
-----
総合 7

公式サイトから既にぶっ飛んでる『ダイミダラー』。滲み出る糞アニメ臭を裏切ることなく糞アニメをやりきってくれてます。展開やら台詞やら部分的に取り出せばアツいロボットアニメのように見えるし、青少年のリビドー発散のアニメのようにも見えるし、見る人の心を表す鏡のような作品です。あ、でも中身はいたって健全なアニメですよ、本当に。いやあ今期は糞アニメが豊作でたまらんですね。次も観よう!

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 9
脚本 8
作画 7
OP / ED 9
おっぱいで世界を救う度 10
-----
総合 8

完全に健全なるロボットギャグアニメ。悪のペンギン帝国と戦うにはハイエロ粒子を出せる特別な人間が必要→出せるのはエロい高校生→動かす為にエロいことする。というステキな設定です。ヒロイン4人くらい出してそれぞれ3パターンのシチュエーションでいいんじゃないですかね。男に取っておっぱいは世界を救う動機になるので問題ありませんね。健全です。主題歌は無駄に熱いしかっこいいのも○。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 9
脚本 9
作画 8
OP/ED 9
おっぱいおっぱいのノリで熱く楽しむ度 10
-----
総合 9

今期の紳士枠筆頭と言っても過言ではない今作、ダイミダラーwww アバンから早速おっぱいおっぱい祭りですがロボモノですwww OPは遠藤正明さん率いる遠藤会ですが、メインボーカルが遠藤さんなのでそれはもう熱い歌に仕上がってますwww そもそもこの遠藤会のPVが必見でもはや完全にVシネですwww 主人公は昭和の熱血系の主人公っぽいですwww 見た目も行動も昭和のエロ主人公な感じが良いですなww女性キャラも基本的に肉感的ですし、実に良いtkbでエロスが栄えますwww Hi-ERO粒子とゆー特殊な能力を持っていて女性のおっぱい揉んだら強くなる主人公、そしてペンギン達の前尻尾やらこの突き抜けたノリは好きだwwwww 第1話ラストのロボ戦でのおっぱい揉んでからの熱い主題歌かかっての逆転劇とか素晴らしいwww 昭和の王道ノリかつエロやネタが詰め込まれたロボ作品である今作、個人的にはアリアリですねwww

ジョージ・レックのレビュー

演出 2
脚本 2
作画 4
OP / ED 3
業界のネタ切れ度 9
-----
総合 2

ジョージかなり前に原作読んで「つまんねー」と思ってたこれがまさかのアニメ化で、今の業界そんなに原作不足なの?って感じネ。主人公のキャラデザが若干永井豪チックで古臭いのはまあネタだとしても、女性キャラデザがまるで2000年代前半。どんなに動かしたところでロボットがクソだせえことには変わりないしスパロボ参戦希望とか冗談は絵柄だけにしろ。中学生レベルの下ネタぶちまけられて「ほら悪ノリしてておもしろいでしょ」感が激寒。エロもギャグも中途半端。松太郎ほどぶっちぎれて無い時点で負け。公式サイトはワロタ。糞Animationマニアなら視聴。

レビュアープロフィール

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP