ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生結弦 「ぶっ潰す」と言われたライバル町田樹との深イイ仲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今シーズンの締めくくりとなる世界フィギュアスケート選手権大会で初優勝を決めた羽生結弦(19才)の元へ真っ先に駆け寄ったのは、0.33ポイントの超僅差で破れた町田樹(24才)だった。

町田:「いやぁ、すごい。おめでとう! いやぁ、負けた」

羽生:「超ちょっとですよね。一緒に表彰台あがりましょうよ!」

町田:「悔しいけど、まぁ…ありがとね」

羽生:「だって樹くんは2つともハマってるじゃないですか。だってオレ、ハマってないもんショート」

町田:「いやぁ、いい闘いでした。ありがとう」

 直前まで“世界一”を争っていた2人とは思えない仲睦まじいやりとりを見せた羽生と町田。これからの日本フィギュア界を牽引する2人。

 そして2人揃って出場したソチ五輪――結果はご存じの通り、羽生は金メダル、町田は5位とメダルを逃してしまう。

 リベンジを誓って挑んだのが、今回の世界選手権だった。SPでは、“町田樹史上最高傑作”と自画自賛するパーフェクトな演技で、転倒した羽生を上回ってみせた。しかも、報道陣の「五輪でこの演技がしたかった?」という質問にも、

「いえ、五輪よりもこの舞台でできたほうがうれしいです。逆じゃなくてよかったと。五輪よりもぼくはこの舞台のほうが好きです(笑い)。本当に舞台と呼べるような氷だったので、そうした中で滑れたのは幸せでした」

 と芸術性を重視する町田らしい発言で不敵な笑みを浮かべた。

 フリーでも完璧な演技を見せた町田だったが、羽生は五輪王者のプライドを見せ、冒頭の通り、大逆転優勝を果たしたのだった。試合直後、そろってインタビューに応じた2人。敗者となってしまった町田が、

「来年はぼく、これ目指します!」

 と言って、羽生の胸に輝く金メダルを指した。

「ぶっ潰しにいきます!」

 これまで結果より芸術性を優先させてきた町田が、ついに勝負に対して本気になった瞬間だった。そして、こんなライバルの誕生に羽生もいつもの“ユヅスマイル”で応えた。

 2人の「深イイ」ライバル物語はまだまだ続く。

※女性セブン2014年4月17日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦の引退危機を救った小中学校時代同級生一家との交流
「おれなら、ソチは金取れる」 高校生時代の羽生結弦が宣言
羽生結弦ファンになった愛子さま「写真ほしい」と友人に相談

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。