ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「進撃」主演・三浦春馬は妥当?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

俳優・三浦春馬が、人気漫画『進撃の巨人』の実写映画に主演することが報じられた。三浦の役どころや三浦以外の共演者、ストーリーなどはまだ明らかにされていないが、原作にないオリジナル要素も加えられるとのこと。軍艦島(長崎県)でロケが行われるといい、累計発行部数3600万部を突破する人気漫画の実写化とあって、大きな話題となっている。

【画像や図表を見る】

ツイッター上には、

「三浦春馬なら良いかも!」
「進撃の巨人の主演が三浦春馬氏と聞いて実写化を不安に思ってる人は、全国の映画館で上映中のゲキシネ、ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIIIを観るといいのに。爽やかなイメージの彼が怒りに震える姿やキレキレの殺陣が観られるよ」

など、演技力を含めて適役だという声があがるほか、

「エレン=三浦春馬くんなのだろふか?」(原文ママ)
「『エレン役』とは言ってないのね。世界観、もしくは設定だけ原作から拝借して、登場人物とかはすべてオリジナルにするならそれはそれで正しい選択」

など、三浦が原作の主人公「エレン」役ではない可能性があると考える人も多い。また、2ちゃんねるのスレッド「【速報】進撃の巨人実写映画の主演に三浦春馬決定!」では、ロケ地となる軍艦島について、

「時代設定や背景がだいぶ変わるなあ」
「軍艦島か・・・うーん、『進撃』のイメージとちょっと違うかも・・・」
「軍艦島の時点で大ゴケ必至。何で舞台が昭和の日本なんだよ」

と違和感を覚えるという声も。

漫画の実写映画化にあたっては、原作のイメージが強ければ強いほど議論が巻き起こるが、今回は原作ベースの「オリジナル」とのこと。原作並みにインパクトのある映画になることを期待したい。
(R25編集部)

「進撃」主演・三浦春馬は妥当?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「進撃」巨人候補は江頭が有力?
進撃の巨人舞台が『ふしぎ発見』に
パトレイバーの警察ポスターが好評
「ナミ役」一番似合うのは佐々木希
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。