ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白熱!アニソンダンス教室に潜入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オトナのたしなみ“習い事”――。英会話からヨガなど、さまざまな習い事が存在するなか、ひときわ目を引く講座が4月から池袋ではじまるらしい。その名も「アニソンダンス教室」! 

【画像や図表を見る】

アニメの聖地・秋葉原では月に一度開催されているこの教室。これまで「コネクト」(『魔法少女まどか☆マギカ』)や「ライオン」(『マクロスF』)などの人気作品主題歌を踊ったそうだが、一体どんな踊りが習得できるのだろう? 百聞は一見にしかずということで、3月14日に池袋コミュニティ・カレッジで開催されたアニソンダンス教室体験会を直撃した。

「この教室で教えるのは、作品の世界観やイメージを取り入れた創作ダンスです。『コネクト』のときには、『まどマギ』主人公のまどかちゃんが弓を射る場面をイメージしたポージングを入れました」

そう語るのは、この教室でダンスを指導してくれる美人講師・Cozue先生。アイドルの振付師としても活躍している先生が考案した、本格的なダンスを学べるのも魅力のひとつだ。

今回の体験会で教えてもらえるのは超人気アニメ『進撃の巨人』の主題歌・「紅蓮の弓矢」のAメロからサビにかけてのダンス。ファンにとっては一番オイシいところだ! せっかくなので、筆者も体験会にも参加させてもらった。

まずは、Cozue先生のお手本を拝見。心臓を捧げるあのポーズから、獲物を屠(ほふ)るあの瞬間まで、ファンなら心躍らずにはいられない振りが満載。なんだか難しそう…なんて不安がよぎりながらも、まずはスローテンポでレッスン開始。

先生からは「ここは立体機動装置で飛ぶように!」と、作品に登場する印象的なシーンをイメージさせる熱烈指導! ちなみに、先生が好きな『進撃』キャラは人類最強の女子・ミカサちゃんだそうです。

「巨人を探すイメージで…」などなど、普通のダンス教室では聞けないような用語が飛び交う中、必死に踊る筆者の姿は兵士というよりは巨人だったかもしれない…。熱気さめやらぬまま、1時間のレッスンが終了。

体験会終了後、ダンス初心者という参加者に感想を聞くと「先生のお手本を見て『あんなの踊れるのか!?』と思ったけど、意外と最後はそれなりになるんだな、という感じ。でも、かっこよくは踊れなかった(笑)」(20代男性)と、好意的な声が…。また、アニメが大好きで…という人よりも、しっかりダンスを学びたいという人が多かったのも印象的だった。

「アニソンダンス教室」は4月25日に開かれる第2回体験会を経て、池袋コミュニティ・カレッジにて5月9日から開講予定。3カ月のカリキュラムでは「残酷な天使のテーゼ」(TVサイズ)、「紅蓮の弓矢」(TVサイズ)のダンスが学べるとのこと。

好きこそものの上手なれ、ということで“好きなアニソン”からダンスをはじめるのも悪くないかも?
(大貫未来/清談社)
(R25編集部)

白熱!アニソンダンス教室に潜入はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
大阪でオタク同士の街コン開催
クオリティ高すぎな「まどか釣り」
「進撃」巨人候補は江頭が有力?
剛力ダンス 第2弾は「ガオガオ」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP