体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PS Vitaの共闘タイトルをさらに楽しめるスマホアプリ『共闘ギルド』提供開始!

logo2

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、4月4日より、PlayStation Vita(PS Vita) およびPlayStation Vita TV(PS Vita TV)向けの共闘ゲームと連携したスマートフォン・タブレット用のアプリケーション『共闘ギルド』のAndroid 版を、Google Playにて無料で配信開始したと発表しました。iOS向けには4月上旬よりApp Storeにて配信開始予定です。さらにPS Vita / PS Vita TV上での操作が可能なPS Vita / PS Vita TV用のアプリケーションも今春より配信開始予定です。

0001

『共闘ギルド』とは、「行こうぜ、オンライン共闘!」をスローガンに掲げ、オンラインプレイを一緒に楽しむ仲間の募集や、オンラインプレイ中の仲間同士のコミュニケーションをサポートするアプリケーションで、“プレイタイトル”や“ミッション”などを設定し共闘仲間が募集できる「共闘チケット」が実装されています。
これにより、「このステージを攻略したい」、「このモンスターを倒したい」、「とにかくやり込みたい」など、同じ目的をもったプレイヤーをオンライン上で簡単に募集、検索することが可能。
さらに、オンライン共闘中の仲間とよりリアルなコミュニケーションがとれるよう、音声付きの「ボイススタンプ」も。『共闘ギルド』をインストールしたスマートフォンをPS Vitaのサブスクリーンとして活用することで、タイトルをプレイしながらボタン一つで共闘仲間と音声で会話ができる、といった新感覚のオンライン共闘スタイルが楽しめます。
また、オンライン共闘の結果はアプリ内にログカードとして記録され、『Facebook』、『Twitter』、『LINE』を通じて、簡単にソーシャルメディア上に投稿することも可能です。

0047

現在は『ソウル・サクリファイス デルタ』(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント))に対応しており、今後は『ガンダムブレイカー』(株式会社バンダイナムコゲームス)、『ラグナロク オデッセイ エース』(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)、『討鬼伝』(株式会社コーエーテクモゲームス)などのオンラインマルチプレイに対応した共闘ゲームにも随時対応予定です。

『共闘ギルド』の特長

共闘ゲームとは、複数プレイヤーと共に闘うマルチプレイアクションスタイルのゲームタイトルです。その醍醐味は、ただ一緒にプレイするだけでなく、仲間と共に闘い、時に助け合い、時に役割分担をして、チームプレイで勝利を手にすることにあります。『共闘ギルド』は「共闘ゲーム」のオンラインプレイを以下のようにサポートします。

1. 共闘プロフィール登録で、同じ共闘ゲームをプレイする仲間の動向を把握

1_プロフィール

共闘プロフィール作成時に、ユーザー自身がプレイしている共闘ゲームを登録すると、そのタイトルの情報が自動的にアプリケーション内で更新されます。また、同じ共闘ゲームをプレイしている他の仲間たちの動向を追うこともできます。

2. 「共闘チケット」により、オンライン上で共闘仲間を簡単に見つけることができる

2_全体カラム_共闘チケット

『共闘ギルド』では、「共闘チケット」を通じて、“倒したい敵”や“クリアしたいミッション”など、自分と同じ目的をもった共闘仲間を簡単に募集、検索することができます。ユーザー自身で「共闘チケット」を発行することはもちろん、同じタイトルをプレイしている仲間が発行した「共闘チケット」の中から自分と同じ目的を持ったチケットを探し、参加することも可能です。『共闘ギルド』内で共闘フレンド登録をしている仲間だけでなく、同じタイトルをプレイしている全ての仲間の「共闘チケット」を検索することが可能なため、気の合う仲間をみつけ、『共闘ギルド』上で共闘フレンドを増やしていくことも可能です。

※共闘チケット発行には、各対象タイトルでトロフィーをひとつ以上取得していることが必要です。

共闘チケット発行方法

1.共闘チケット発行画面

4_共闘チケット発行

2.依頼目的や依頼タイプを選択

5_共闘チケット発行_ターゲット選択(ソウル・サクリファイス デルタ)

3.募集範囲を選択する

6_共闘チケット発行_範囲選択
1 2次のページ
せんとすの記事一覧をみる

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。