ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『進撃の巨人展』開催決定! この冬、上野の森美術館は巨人に侵略される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


圧倒的な力を誇る巨人に立ち向かう人類の戦いを描いた「別冊少年マガジン」で連載中の大人気漫画『進撃の巨人』。もともと人気の高かった本作ですが、2013年にTVアニメが全国的に放送されたことでさらに多くの人を熱狂させ、2015年には実写映画化も決定し、現在コミックスも累計3600万部を突破。その人気は日本だけに留まらず、海外でも高い評価を受けています。
漫画だけでなく様々なジャンルで“進撃の巨人”旋風が広がる中、ついに美術館にまで巨人が現れることが発表されました! 

2014年冬、上野の森美術館にて『進撃の巨人展』の開催が決定。『進撃の巨人展』では、『進撃の巨人』の原画展示を含む様々なコンテンツを予定しているようですが、今明かされているのは“巨人”が上野の森美術館を全館ジャック! という情報のみ。開催期間や詳細な内容は改めて発表とのこと。ですが原作者の諫山創先生から意味深なコメントが。

『進撃の巨人』作者・諫山創先生コメント:
「企画目白押しです。本当に嫌な気分になりたい人も、興奮したい人も、是非楽しんで下さい!」

「本当に嫌な気分になる」というのは一体どういうことなのでしょうか……? 訪れた人に巨人の恐怖を植え付けるのか、それとも巨人の恐怖に怯える人たち、襲撃から逃れられなかった人たちを見せつけられるのか。全く想像はつきませんが、嫌な気分になってでも行きたいことだけは確かです。
上野の森美術館を、巨人が全館ジャックという前代未聞の『進撃の巨人展』。みんなの憩いの上野の森も巨人の侵略からは逃れられない!?

『進撃の巨人展』スペシャルサイト
http://www.kyojinten.jp

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP