ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スーパーファミコン』全ゲームのタイトル画面が収録された9時間の動画! YouTubeのシークバーも二重に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


任天堂の16ビットゲーム機『スーパーファミコン』で発売された全タイトル1874本のタイトル画面が収録された動画『SUPER PRESS START』が公開された。全ゲームのタイトル画面が収録されているということで、とにかく動画が長い。その長さ9時間3分12秒という異常な長さ。こんな大ボリューム動画を『YouTube』にアップできることそのものが驚きだが、それを編集した人も相当時間を掛けただろう。

ゲームは海外版『SNES』の物だけでなく日本のゲームのタイトルも収録されている。順番はABC順となっており目的のゲームを見たい場合はそれっぽい場所にシークすれば……といってもあまりにも動画の時間が長すぎて、通常のシークバーではうまくシークできない。

しかしさすがの『YouTube』。長い動画でもちゃんと微調整シークができるように考えられていた。なんとシークバーにカーソルを持って行くと、その上に詳細なシークバーがもう一個出てきてそちらでシーク可能となるのだ。どうやら長すぎる動画ではこのようにして対応しているようだ。しかもサムネール付きという親切さ。

ちなみに『MOTHER』など一部のゲームは『Earthbound』という海外名で収録されている。『MOTHER2』を探すときは「M」ではなく「E」を探すように。

今回の動画とは別にファミコンのゲームタイトルを全部収録した『PRESS START』も全部公開されている。こちらの動画も2時間50分ある長編動画となっている。

『ニンテンドウ64』や『ゲームキューブ』、『Wii』、『Wii U』などの大容量ゲーム機はオープニングも凝っているので、更に長くなりそう。

SUPER PRESS START(YouTube)

※画像は『YouTube』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP