体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界展開のおもちゃがアニメ化 ロボと同化して異世界でバトル! アニメ『テンカイナイト』クロスレビュー[7.8/10点]

anime_tenkai

2014春アニメクロスレビュー『テンカイナイト』

近未来の地球。小学5年生の大神グレンは、父の仕事の都合で大都市・ベンハムシティに引っ越してくる。転校したクラスで、偶然隣の席になった鷲崎セイランと仲良くなり、街を案内してもらうことになったグレン。街はずれの骨董店で店主のホワイトさんから不思議な「ブロック」をプレゼントされる。

その晩、自分がロボットとなり、悪のロボットと戦う夢を見るグレン。「このブロックのせいだ!」2人は真相を探るべく再び骨董店に向かうが、ホワイトさんの姿はない。“ゴゴゴ……” 店の奥から聞こえてきた奇妙な音に導かれ、店の地下室の扉を開けると、そこには巨大な転送装置「ポータル」が鎮座していた。2人の持つ「ブロック」に反応し、動き出した「ポータル」。2人の身体は粒子となり、やがて意識を失った……。

グレンが目を覚ますと、そこは異世界「惑星キューブ」。さらに、その姿は正義を愛する種族「スペクトロス」の勇者「ブレイヴン」に変身していた。同じく「トリビュトン」となったセイランとともに、命がけのバトルをくぐりぬけるグレン。
やがて出会う、亀山トクサと蜂須賀チュウキ。彼らもまた勇者「ヴァローン」「ライデンドール」へと変身する、選ばれし少年だ。4人の少年がそろい、伝説の勇者「テンカイナイト」が誕生した。

異世界「惑星キューブ」を支配しようとする悪の大帝「ヴィリウス」が率いる邪悪なる種族「ヴィクリプス」を倒すため、テンカイナイトの冒険が今、始まる!!

声優/高橋めぐる、神田朱未、水間まき、種田梨沙
4月5日よりスタート
テレビ東京 毎週土曜日 9:00~
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/tenkaiknight/index.html[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.8/10点(レビュアー 3名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 7
OP / ED 7
おもちゃの売れ行き次第なのかな度 10
-----
総合 7

赤い色の少年が主人公が父親の都合で転校し、転校先で青に出会う。意気投合した2人は街に来たばかりの赤を青が案内。そこで赤は不思議な姿をした何かを見かけ、追いかけた先のお店で気になるブロック(レゴ?)を発見。お店の店長からそのブロックをプレゼントされた2人が巻き込まれ異世界でロボットとなり戦うことに!というストーリーです。作画も結構丁寧で話の展開もついていけるので面白いのですがブロックで出来たロボットが子どもたちに人気が出て売れるかと言われたらちょっと不安ですね。次回はもうちょっとロボットのバトルを多めにしてもらえればいいかな。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会