ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カギは「DIT」! 汗をかきながら食事をすると痩せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


食べることイコール太ることと思われがちですが、じつは食事の際には多くのエネルギーが消費されるのです。
個人差はありますが、食事をすると体が熱くなります。このとき体脂肪が燃えているのです。この働きは「DIT」と言われ、痩せるための体のしくみのひとつなのです。
今回は、DITとは何か、DITを上げて痩せる方法をご紹介します。
DITとは何か?
食べ物が消化されるときには、胃や腸などの内臓が活発に動き熱を生みだします。このしくみが、食事誘導性体熱産生(DIT)です。
DITの働きは人によって異なります。食事のときに体が熱くなる人ほど、DITが高く脂肪が燃えやすい体質だと言えます。
DITを上げて痩せるには?
DITが最も上がりやすい朝食時に、温かいものを食べましょう。熱いハーブティや緑茶、ほかほかのご飯、おかゆ、雑炊などをとるのはとくにおすすめです。また、体を温めると言われている、しょうが、唐辛子を積極的に食事に取り入れるのもいいでしょう。
また、筋肉は熱を生みだしますので、筋力トレーニングを積極的に行い筋肉をつけるとDITが高くなります。腹筋、スクワット、ダンベル運動などを習慣にすると効果大でしょう。
食事は1日のなかで必ずしなくてはならないもの。どうせ食事をするのならば、カロリーをとるだけではなく、カロリーの消費もしたいものです。食事中にじんわり汗をかくことを目標にして、食事内容を見直してみましょう。
Still life image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
道端アンジェリカさんが、基礎代謝UPのためにとる「スペシャルフード」って?
食事回数を増やして痩せるカギは「空腹感」!
肥満の原因は姿勢!? 猫背をなおすかんたん体操

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP