ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子番組表でテレビの珍解説発見!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年の地上デジタル放送(地デジ)への完全移行により、テレビ番組は電子番組表(EPG)でチェックする人も増えたはず。そんな電子番組表を見ていると、あることに気づいた。どうやらテレビ局は、先々の番組内容が未定の場合は、決まった定型文をいれておくようなのだ。しかし、番組を端的に表そうと工夫したつもりが、ちょっとおかしなことになってしまった例も少なくない。そんな番組解説を集めてみた。

【画像や図表を見る】

〈メッセージ系〉

●『全力坂』(テレビ朝日系)
この坂を登り切れたら、自分の中の何かが変わる気がする。いや変わるはずだ。坂を全力で駆け上がる女性たちの姿と、話題の商品・エンタメ情報をお届けする深夜番組登場。

毎週月~木曜日の深夜に放送されている数分の番組で、女性が実際に全力で坂を駆け上がる様子が見どころ。が、それを全力で推そうとして出てきたのは、前半の熱を帯びたポエムな数行…。後半部の説明的な一文との温度差も、じわじわ面白い。

●『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)
土曜の夜10時に…嵐とスペシャルなゲストがこの番組でしか見れないプレミアムな60分…ここだけでしか見れない嵐…ここだけでしか魅せないゲストの素顔も魅せます!

国民的アイドル嵐の人気トーク番組。「…」を多用した思わせぶりな書き口や「見れない」「魅せない」のライムが光る。「嵐とスペシャルなゲストがこの番組でしか見れないプレミアムな60分」というしっちゃかめっちゃかな日本語にすら、語り手の興奮具合を感じてしまう不思議な熱量がある。

〈ツッコミたい! 系〉

●『ものスタ』(テレビ東京)
「も」っといい商品を教えて!!
「の」んびりしてはいられない
「ス」ぐに買いたくなっちゃう商品を
「タ」っぷりとご紹介するショッピング番組

毎日、早朝に放送されている通販番組。数ある類似番組との差別化を狙ってか、まさかのアイウエオ作文で番組を解説! 番組解説で大喜利をやってのける荒業っぷりと、ちょっとした無理矢理さも手伝って、番組名の刷り込み力は抜群。

●『アメトーーク!』(テレビ朝日系)
業界内視聴率ナンバー1番組『アメトーーク』

雨上がり決死隊が司会の深夜バラエティ。人気ぶりを一言で表そうとしたはいいが、「業界内視聴率って何?」という素朴な疑問が…。つまり、「業界人が観てるから一般人も観ろ」ってこと?

〈ニュース系〉

●『めざにゅ~』(フジテレビ系)
▽情報満載のNEWSを詳しく伝えます
▽豊富なENTERTAINMENT情報
▽詳しくて楽しいWEATHER予報
▽前日のSPORTSたっぷり見せます

毎朝、放送中の情報番組。ニュース番組も、他と差別化を図るべく無理をする傾向にあり、よって失敗例も少なくない。この場合、「情報満載のNEWS」「豊富なENTERTAINMENT」まではいいが、「WEATHER予報」で、急にずっこけそうになる。なんでも英語にすりゃいいってモンじゃない!?

●『報道ステーション』(テレビ朝日系)
きょう何があったか!一日のしめくくりとして欠かせないニュース番組。古館伊知郎を中心に正解のない時代のニュースを「まじめに」「前向きに」「正直に」お伝えします。

「まじめに」「前向きに」「正直に」というワードの畳み掛けに、思わず選挙活動か! とツッコミたくなる。しかも、結果的にかえって誠実さが伝わりにくくなっているのも日本語の難しいところか。

●『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)
1987年スタートのテレビ朝日を代表する長寿番組。“出たい人より出したい人に出演してもらう”をモットーに深夜番組に革命を起こしたこの番組! タブーにも挑戦します。

毎月最終金曜日の深夜に3時間枠で放送されている人気討論番組。一見、納得してスルーしてしまいそうだが、“出たい人より出したい人に出演してもらう”のはある意味当然。出たい人ばっかりが出ていたら大変なことになりますよね!

4月になり、新番組も次々とスタートするこの時期。テレビ番組欄に潜む、知られざる珍解説文言探しなんてのも楽しそうだ。
(有馬ゆえ)
(R25編集部)

電子番組表でテレビの珍解説発見!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
出川哲朗、番組表の誤字で笑い生む
6チャンネルを360時間全部録画
いいとも後番組MC期待度1位は?
TOKIOメンバー愛にネットも涙
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP