ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

STAP細胞「早く研究して」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

STAP細胞論文に不自然な点が見つかっていた問題で、理化学研究所(以下、理研)の調査委員会は4月1日、記者会見を開き、研究ユニットリーダーの小保方晴子氏がデータの改ざんや捏造にあたる研究不正行為を行ったとの判断を下したと発表した。

【画像や図表を見る】

また、調査委員会によると、研究不正行為は小保方氏単独で行ったもので、論文の共同著者が、簡単に見抜けるものではなかったとしている。しかしながら、共同著者にもデータの正当性に注意を払わなかった過失があり、責任は重大であると指摘した。

この調査委員会の発表に、小保方氏は「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。特に、研究不正と認定された2点については、理化学研究所の規程で『研究不正』の対象外となる『悪意のない間違い』であるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません。近日中に、理化学研究所に不服申立をします。このままでは、あたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません」と、コメント。捏造には当たらないと主張している。

調査委員会が下した「不正研究行為」という判断について、ツイッター上では、様々な意見が寄せられている。

「凄く厳しい裁定を下し小保方さん1人をスケープゴートに仕立てた感の強い今回のSTAP細胞の流れ。確かに違うデータを挿入したり前の論文を出したりした件に於いては釈明会見は最低でもすべきだった。しかし現実は力という件に潰されたそんな印象だ」(原文ママ)
「STAP細胞。まあ~調査にしてもうさんくさい。ひとりでやったってさ~。なんか、目の前で作らせて見れば、何が正誤かハッキリするのにね。あれじゃ黙ってたのが損になるみたいじゃん」
「STAP細胞をめぐる理研の動きはどうもきな臭く見えてしまうなあ。小保方博士が無実とも思わないけど、その上司たちが全く何も気づかなかったっておかしくない?ましてや最初はnatureに一度はrefuse(註:掲載拒否)されたという大発見だし、通常の論文よりも慎重にチェックしそうなものだけど」

理研が下した「小保方氏単独の不正行為」との判断に違和感を覚えたという意見が多く、今回の調査結果に納得できないようだ。

また、今回の論文の問題をどう処理するかという点よりも、STAP細胞の研究をもっと進めるべきではとの意見もあり、ツイッターでは、

「STAP細胞が嘘じゃなきゃそれでいい
その細胞、技術を心待ちにしてる人がいるから」
「『STAP細胞論文』不正なのか単純ミスなのかその業界では大きい問題なのでしょうが、わたくしとしては早く研究に戻ってほしいと考えます」
「こんな結果になってるけど、私はどこかでSTAP細胞が事実であって欲しいと願ってる。すべてがねつ造とはどうしても信じられないんだよね…」

との意見が寄せられていた。

iPS細胞よりも簡単に作ることができる万能細胞として、ノーベル賞受賞レベルの発見といわれているSTAP細胞。もし実用化されれば、臓器移植や若返りなど、様々な分野で活用される可能性があるという。問題が解決され、STAP細胞活用の道が早く拓かれることを祈るばかりだ。
(R25編集部)

STAP細胞「早く研究して」の声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「iPS細胞で薄毛が治る」に歓喜
ノーベル賞の先にある課題
人工細胞の作製で可能になることは?
永遠の命は?人体冷凍保存の現実性
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP