ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Android版「dビデオ」アプリをサービスのキャリアフリー化に伴い対応機種を拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは4月1日、同社の動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」のキャリアフリー化に合わせて、公式Androidアプリをv4.0.0にアップデートしました。dビデオは月額540円の動画見放題サービスです。これまではドコモ端末と一部のWi-Fiタブレットだけに提供されていましたが、4月1日よりNTTドコモ以外のキャリアから発売された機種でも利用できるようになりました。dビデオでは、最大5台までデバイスを登録することが可能で、外出中にスマートフォンで視聴途中の動画の続きを、自宅ではタブレットやテレビで引き続き視聴することもできます。NTTドコモの回線契約をない方は、docomo IDを取得した後にdビデオの会員登録を行います。そして、Google Playストアで「dビデオ」をダウンロードしてdocomo IDでログインすると利用できるようになります。決済方法はクレジットカードのみです。また、これまでの「dビデオ」はショートカットアプリとして提供されていましたが、v4.0.0でスタンドアロンのアプリになりました。「dビデオ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモの「しゃべってコンシェル」がv7.0にアップデート、音声入力時の動作が改善
Sony Mobile、Xperia SPに「12.1.A.1.201」ビルドへのアップデートを配信開始
小米科技、非MIUI端末でもMIUI ROMを体験できるAndroidアプリ「MIUI Lite(Beta版)」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP