ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年4月)、Jelly Beanがシェア減に転じる、KitKatは5.3%に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Developersサイトで2014年4月1日までの7日間におけるAndroidのバージョン別シェアが公開されました。バージョン別シェアの順位は、1位がJelly Bean(62.0%→61.4%)、2位がGingerbread(19.0%→17.8%)、3位がICS(15.2%→14.3%)、4位がKitKat(2.5%→5.3%)、5位がFroyo(1.2%→1.1%)、6位がHoneycomb(0.1%→0.1%)でした。最も普及しているのは依然としてJelly Beanなのですが、これまでシェア増を続けてきたのが一転し、今回はシェア減となりました。一方、最新バージョンのKitKatはまだ5.3%とシェア自体は低いものの、今回は全体の中で最も高いシェア増を記録しました。これは、KitKatが本格的に普及し始めてきた兆候とみられます。ユーザーインタフェースの仕様が大きく変化したHoneycomb以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb以上は前回から1.3%増の81.1%、Gingerbread以下は18.9%に下がっています。Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
楽天グループのスポットライト、お店にチェックインすると楽天スーパーポイントがもらえるAndroidアプリ「楽天チェック」をリリース
Galaxy S 5 mini(SM-G800)の主要スペックが伝えられる
Android版「radiko.jp」がv5.0にアップデート、エリアフリーとなるradiko.jpプレミアムに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP