ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

復活のウルフルズ トータス松本だけじゃない新たな魅力が多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“らしさ”全開の新曲『どうでもよすぎ』を引っさげて、約4年半振りに活動を再開したロックバンド・ウルフルズ。ファンにとっては万々歳だが、一方で、シャ乱Q、プリンセスプリンセス、LUNA SEAなどなど、解散・休止を宣言したバンドが次々と復活を遂げる状況下に、「また金儲けか!?」と閉口する者も少なくない。しかし、ウルフルズの復活は、単純な復活劇とは一線を画すと音楽関係者はいう。

「金銭面的な理由もあるでしょうけど、音楽的な判断から再結成に踏み切った部分が大きいと聞きます。というのも、トータス松本さんはバンド復活をもう少し早い段階から望んでいたようですが、ギターのウルフルケイスケさんがそれを望んでいなかったみたいです」

ウルフルケイスケといえば、ウルフルズのバンドリーダー。トータス松本が強烈な存在感を与えるため、リーダー=トータス松本と思われがちだが、実際はそうではない。今回の復活劇は、バンドリーダーであるウルフルケイスケがようやく重い腰を上げて、復活に踏み切った背景があるという。

「ソロアーティストとしてのトータスさんのライブの客入りはよくなかった。そういう背景もあって、トータスさんは復活を望んでいた。一方、ケイスケさんはソロ活動に加えて、バンド名義の『マジカルチェーンクラブバンド』としても全国を行脚していた。地道に小さなライブハウスなどを周り、評判もうなぎのぼりでした。着実に音楽的すそ野や人気を拡大していったケイスケさんからすると、おいそれと再結成に踏み切ることは難しかった。あくまでバンドとしての価値や発展性を考えて、このタイミングになったのでは」(前出・音楽関係者)

有名無名の分け隔てなく付き合う人となりもあって、若手バンドからの信頼も厚いと言われるウルフルケイスケ。注目すべきは、ウルフルケイスケをはじめとした他メンバーだという。

「ジョン・B&ザ・ドーナッツとしてソロ活動をしているベースのジョン・b・チョッパーさんの音楽的才能も見過ごせません。彼が昨年発表した『所在ない』は、あの小沢健二もハマったと言われるほど。ドラムのサンコンjr.さんも様々なアーティストとセッションしていました。

復活後は、トータスさんだけが注目されたかつてのウルフルズとは別物になるのではないかと、業界関係者も期待しています。今度はトータスさんが、彼らの存在感に助けられるかもしれませんね」(前出・音楽関係者)



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去
ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった
タスキ掛けした鞄の紐で胸が強調 「パイスラ」を下から撮影

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP