ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

耳の柔らかさで健康状態を判別 耳ヨガ8通りの基本コース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 40年来にわたってヨガの研究を続けている「龍村ヨガ研究所」所長で『龍村式耳ヨガ健康法』(日貿出版社刊)著者の龍村修氏の案内による、今すぐ簡単にできる「耳ヨガ」の理論とやり方を紹介しよう。

 耳を上下に折りたたんでみて、痛みを感じるだろうか。龍村氏は耳の柔らかさや温度から、その人の健康状態がわかるのだという。

「東洋医学では、老化が進んだり、病気で体力が著しく消耗されると、耳が硬くなるといわれています。上下に折りたたんでも、痛くないのが理想。柔らかく温かな耳は、健康の証なのです」

 試しに龍村氏の耳に触れてみると、びっくりするほど柔らかい。力をほとんど入れなくても折りたためる。

「赤ちゃんの耳のような本来の柔らかさを取り戻すのが、耳ヨガです。東洋医学の人体観『部分即全体』を基盤に、耳を“全身の縮図”として捉えてツボ刺激を行なう。耳を通じて全身の気の流れをよくして、諸症状を解消します」

 部分即全体とは、手や足など、各部位に全身が投影されているとする考え方。耳は胎内の赤ちゃんに見立てられるという。

「耳を上部・中央部・下部の3つにわけ、下部の耳たぶは頭、中央は内臓や腕など胴体、上部は脚にあたると考えます。耳の前面が腹側で、後ろが背中側。耳の内側(付け根側)、中間、外側とわけた場合は、内側は消化器系や呼吸器系に、中間は神経系、外側は循環器系と排泄器系に相応しています」

 触って硬いと感じる場所が、相応する身体部位の不調を表わす。胃や肺に不調を感じたら、耳穴近くを指でつまんで、もむことで症状改善が期待できるという。眼ヨガと同じく、深呼吸に合わせて行なうことを忘れずに。

「『もむ』『こする』『引っ張る』が耳ヨガの基本動作で、耳全体を柔らかくする基本コースが8通りあります。全身の血行がよくなり、身体がぽかぽか温まります」

 耳全体を柔らかくする基本コースの8通りの動きはそれぞれ、【1】耳の中部をもみ、【2】耳の中部を後ろに引っ張るのは肩こり、腰痛、内臓の不調に効果的、【3】耳の上部をもみ、【4】耳の上部を上に引っ張ると足のむくみ、膝の痛み、股関節の痛みに効果的、【5】耳の下部をもみ、【6】耳の下部を下に引っ張ると眼の疲れ、頭痛、首の凝りに効果的、【7】耳全体を指ではさみ、【8】耳全体を指ではさんだまま上下にこすると血行促進、冷え症改善、眠気解消に効果的だという。

 動作によって期待される効能が違う。身体のどこかに痛みを感じる際は「もむ」、リンパや血の巡りを改善して心身ともにリフレッシュしたい際は「上下にすばやくこする」、各部の可動域を広げたい際は「引っ張る」刺激が効果的となる。

「こする場合は、1秒間に4回上下するスピードを目安に。東洋医学では、耳全体で『腎(生命力全体)』を表わすとされています。生命力とはつまり、精力。息を強く吐きながら両耳を上下にすばやく100回ほどこすると、腎の力が高まる。男性機能の強化も期待できます」

※週刊ポスト2014年4月4・11日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
深夜の五輪観戦による眠気解消法 耳を引っ張るのが効果的
犬の散歩時のリード「引っ張り」問題 解決法を専門家が解説
“眼ヨガ”で「驚くほど視界が明るくなる」とヨガ研究者語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP