体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia Z2が分解される

Sony Mobikeの新フラッグシップ「Xperia Z2」の分解レポートが中国のWEBサイト 手机中国で公開されました。同サイトではXperia Z2の内部構造や分解手順が紹介されています。今回分解されたのは中国モデルなのですが、筐体仕様はグローバルモデルとほぼ同じです。分解の第1歩目はXperia Z2背面下部のフレームとバックパネルの隙間にスクレイパーのような平らなツールを挿入し、バックパネルを浮かせて外します。バックパネルを開くとバッテリーとヒートシンク?のようなもので覆われた基板が現れます。バッテリー周辺の黄色いものはシールです(防水・防塵のため?)。シールを剥がしてネジを外すとバッテリーが取れて上側の基板にアクセスできます。分解するのに特殊なツールやコツが必要なさそうなので、HTC One(M8)やGalaxy S 5よりも分解は簡単だと思われます。

また、同サイトの分解レポートから、Xperia Z2の3GB RAMと16GB eMMCフラッシュメモリはどちらもSamsung製であることが確認されました。

Source : CNMO



(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleがAndroidの標準カメラアプリの新バージョンを開発しているらしい、ポートレート写真用の背景ぼかし機能やパノラマ/Photo Shere写真の改善など
Amazon.co.jpでKindle Fire HDX(7インチモデル)の22%OFFセールが開始、4月25日まで
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年4月)、Jelly Beanがシェア減に転じる、KitKatは5.3%に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。