ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

父親は知っておきたい 娘の“変化”を見抜く4つの方法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 「ねえねえ、お父さん、お父さんってば」
 無垢な笑顔を浮かべて足にしがみついてきた娘もいつしか「お年頃」。いまやスマートフォンを片手にし、得体のしれない若者言葉を使うようになってしまった。
 娘は何を考えて生きているのだろうか……?

 そんな不安を持つ父親をギョッとさせるのが『父親が知らない娘の真実』(黒羽幸宏/著、双葉新書/刊)だ。
 娘たちを取り巻く状況は、父親が思っている以上に壮絶なものになっている。
 ここでは、本書から抜粋して、娘が水商売や風俗、援助交際に手を染めていないか察知する方法を紹介したい。

■チェックポイント 見た目編
(1)髪型がいつもと違う
 帰宅した娘の髪型がいつもと違う場合は要注意だ。ヘアスタイルを変えるのはお水業界で働く女子の鉄板“お約束スタイル”なのだ。
 結わえたり巻き上げたりして髪を「盛って」いたり、エクステ(エクステンションと呼ばれるつけ髪)をしていたりする場合、キャバクラでアルバイトしている可能性が高いという。

(2)携帯電話やツメを派手にデコレーションしている
 著者によれば、風俗や援助交際などで小銭を手にした娘がまずすることは「デコレーション」だという。携帯電話・スマートフォンにキラキラ輝く高級宝石のようなアクセサリーをつけて「デコる」ようになったり、ツメが派手になったりしたら、危険信号かもしれない。

■チェックポイント 行動編
(3)深夜帰宅が増えた
 娘が自宅から学校に通っているなら、娘が深夜帰宅していないかチェックしてみよう。
 もし娘が深夜帰宅したら、注意して見たいのが、娘の髪型。スズメの巣のような、オシャレに「盛った」髪型で帰宅した場合は、キャバクラで働いていることを疑おう。

(4)業界用語を使っている
 水商売を始めると、ついつい仕事場の言葉が日常生活でも出てしまうものだという。
 家庭での言葉はもちろん、自宅で電話している娘の言葉にも常に耳をそばだてるべきだろう。
 著者によると、注意すべきワードとして次のようなものをあげている。
・チェイサー(お冷のこと)
・つめしぼ(冷たいおしぼりのこと)
・くろもじ(つまようじのこと)
・むらさき(醤油のこと)
 また、指でバツ印を作る(「会計してください」の合図)、両手でマルを作る(「灰皿ください」)などのハンドサインも注意したほうがいい、とのこと。

 本書の著者である黒羽幸宏氏は15年以上にわたって「女の子」を取材してきた男性誌の記者。そんな著者が取材でよく耳にしたのが、父親の不用意すぎる言葉だという。
 特に注意したいのが、娘の性事情を尋ねる発言だ。娘が心配な気持ちもわかるが、不用意な発言が娘の尊厳を傷つけ、かえって反抗に駆り立ててしまうこともあるという。
 娘と向き合う際の著者のアドバイスは「わかったフリをしないで、娘の話をしっかり聞く」こと。父親が娘と向き合おうと努力する姿は、娘の心にきっと届くと信じたい。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
セックスまで持ち込める男性 4つの特徴
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
人気AV男優たちが語る「男がグッとくるにおい」とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP