ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオン、Nexus 4と音声通話付きSIMカードをセットにした「イオンのスマートフォン」を8,000台限定で4月4日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イオンと日本通信が昨日日経で報じられていた「イオンのスマートフォン」を4月4日より8,000台限定で全国のイオン170店舗において発売すると発表しました。「イオンのスマートフォン」は、Androidスマートフォン「Nexus 4」と日本通信の音声通話付きSIMカード「スマホ電話SIM(Nexus 4専用)」をセットにしたもので、月額2,980円で提供されます。契約方法は、新規契約または他社からの乗換え(MNP)による新規契約のみです。Nexus 4は、GoogleとLGが共同開発したAndroidスマートフォン。4.7インチ1,280×768ピクセルのIPS液晶、Snapdragon S4 1.5GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM/16GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、2,100mAhバッテリーを搭載。GSM/WCDMA、NFC、ワイヤレス充電などに対応しています。OSはAndroid 4.4.2(KitKat)です。「イオンのスマートフォン」にかかる費用は次の通り(金額は税抜きです)Nexus 4端末代金:月額1,420円×24回(総額34,080円)通信サービス:月額1,560円+通話料(20円/30秒)無料通話分無し、通信速度は上下200kbpsで通信量の上限はありません。(初回のみ)SIMパッケージ:3,000円(初期費用を含む)また、速度制限のないデータ通信を使いたい時にだけ有効にできる「Turbo Charge」にも対応しています。プランはTurbo Charge 300円/100MBと1,200円/500MB円です(有効期限は購入後30日)。Soure : 日本通信



(juggly.cn)記事関連リンク
海外の小売店がAmazonを通じてGalaxy S 5の販売を開始
HTC One(M8)はIPX3の防水に対応
新生銀行、スマートフォンから口座開設を申し込めるAndroidアプリ「新生銀行口座開設アプリ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP