ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球・パシフィックリーグ6球団の公式Androidアプリ「パ・リーグ アプリ 2014」がリリース、アプリUIリニューアル、チェックイン機能や観戦記録機能、球場情報機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロ野球 パシフィックリーグは3月28日、パ・リーグ所属6球団の2014シーズンの試合結果などを閲覧できる公式Androidアプリ「パ・リーグ アプリ 2014」をGoogle Playストアにリリースしました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 2.3以上を搭載した端末となっています。パ・リーグ アプリはパシフィックリーグに所属する北海道日本ハムファイターズ、埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークス、東北楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズの公式アプリで、パ・リーグの試合日程、試合の途中経過や結果といった試合に関する情報のほか、順位表、各球団の選手プロフィール、各種ランキングも閲覧できます。2014年版は2013年版をアップデートした形で提供されています。アップデートに伴いアプリUIがリニューアルされ、スライドナビバーで各種情報にどこからでもアクセスできるようになるなど利便性が向上しています。また、「チェックイン」機能が追加されて、試合が行われる球場にチェックインすると選手グラフィティが特典としてプレゼントされるほか、各試合のチェックイン情報、写真、コメントを記録できる「観戦記録」機能、各球団のホーム球場の施設・座席案内を閲覧できる「球場情報」機能も追加されました。「パ・リーグアプリ2014」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One(M8)はIPX3の防水に対応
新生銀行、スマートフォンから口座開設を申し込めるAndroidアプリ「新生銀行口座開設アプリ」をリリース
東京23区内の郵便局1,000局で公衆無線LANサービスが開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP