ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Bluetoothで制御できるLED照明「Samsung Smart Bulbs」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Smausngは3月31日、スマートフォンやタブレットからリモート操作できる家庭用LED照明「Samsung Smart Bulbs(スマート電球)」を発表しました。Samsungの製品はスマートフォンなどの電子機器とBluetoothで繋がるタイプのもので、LED照明を個別の制御することのほか、最大64個をグループ単位で制御することも可能です。また、色温度を2700K~6500Kの間で調整することもできます。発光がLEDなので1日4時間の使用した場合だと10年以上も使用できるという長寿命。Samsungがこの日発表したスマート電球は「L-Tubeシリーズ」と呼ばれており、既存の蛍光灯のソケットにそのまま装着できるようになっています。ラインアップは通常の電球型、スポットライト型、ストレート型の3種類があります。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
東京23区内の郵便局1,000局で公衆無線LANサービスが開始
Googleがタッチパネル対応の「Google日本語入力マジックハンドバージョン」を発表
Sony Mobile、Xperia M dualにAndroid 4.3アップデート(15.5.A.0.18)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP