ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LenovoがTegra K1を搭載したAndroidベースのスマートTV「Terminator S9」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LenovoがNVIDIAのモバイルプロセッサ「Tegra K1」を搭載した初のスマートTV「Terminator S9」をGTC 2014イベントで披露しました。Terminator S9は、50インチ4K(3,840×2,160ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載した大画面のスマートTVで、Android 4.2(Jelly Bean)ベースの独自UIを備えたファームウェアがインストールされています。Terminator S9に搭載されたTegra K1はCortex-A15を4基内蔵した32bit版です。192コアのGPUを備えるなどグラフィックス性能の高い製品に仕上がっています。Terminator S9の特徴は、Androidを稼働させるためのシステムボードを「Smart Card」と呼ばれるモジュールとして交換できるようにしたところで、テレビの背面に備えられた70pinインタフェースのモジュールスロットに装着することで普通のテレビをスマートTV化し、別のSmart Cardと交換することでAndroidのスペックや機能を変更することができます。GTC 2014で披露された「Terminator S9」のSmart CardにはシステムボードやTegra K1プロセッサ、Micro USB端子、Micro SDカードスロット、Wi-Fi・Bluetoothモジュールが組み込まれています、また、ベンチマークアプリ「Antutu」の情報によると、2GB RAMと4GB ROMを搭載しています。Terminator S9は中国でまず発売されます。価格は、テレビ本体が6,000元(約99,200円)、Tegra K1入りのSmart Cardが1,000元(約16,500円)です。Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、米Sprint向けにHDディスプレイ・MSM8926プロセッサを搭載した「LG-LS885」を開発
NTTドコモ、Xperia Z1 / Z1 fのLTE国際ローミング対応アップデート(14.1.H.2.119)を配信開始
NTT西日本、フレッツ・スポットへの自動接続を可能にするAndroid向け公式アプリをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。