ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Philips、Androidを搭載した4KスマートTV「Philips 8800」などを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PhilipsとTPV Technologyの合弁企業 TP Visionは3月27日、Androidを搭載したPhilipsブランド初のスマートTV「Philips 8000シリーズ」を2014年Q2より欧州とロシアを皮切りに発売していくと発表しました。PhilipsのAndroidスマートTVは今年1月にも発表されましたが、今回はラインアップと各機種の仕様も同時に公開されました。8000シリーズのラインアップは、48インチ/55インチフルHDの「8100」と「8200」、さらに、55インチ4KウルトラHD(3,840×2,160ピクセル)の液晶を搭載した「8800」の3種類で、いずれもGoogle Playストアに対応しており、既存のPhilips Smart TVアプリに加えて、Google PlayストアのAndroidアプリやゲーム、デジタルコンテンツをテレビで利用することができます全機種はテレビの裏側を液晶の表示内容によって変化する色で発光する「Ambilight」機能を搭載。8000シリーズではAndroidゲームにも対応します。Source : TP Visionデータシート



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2中国移動版はグローバルモデルとはデザインが少し異る
小米科技(Xiaomi)の5.5インチスマートフォン「紅米Note」、販売開始からわずか34分で用意された10万台が完売に
米AT&Tが「Padfone X」のハードウェア仕様を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP