ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ポール・ウェラー、ソロ・キャリアをまとめたベスト盤第2弾「モア・モダン・クラシックス」を6月にリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ポール・ウェラー、ソロ・キャリアをまとめたベスト盤第2弾「モア・モダン・クラシックス」を6月にリリース
40年以上にわたって成功をほしいままにし、シーンに影響を与えてきたポール・ウェラーがベスト盤「モア・モダン・クラシックス」を6月にリリースすることが発表された。

「これは俺のライフ・ワークのいくつかの章をまとめたものであり、俺が君たちと共に歩んできたと思っている旅路だ。このコンピレーションに収録されているのはここ15年間の音楽、でもまるで5~6年ほどのことのように感じるよ。そのぐらい駆け抜けてきているんだ、スロー・ダウンするってことができないんだね。しっかりとしがみついて、最後にはいきつくべきところに行きつくんだ。」Paul Weller Feb 2014

「モア・モダン・クラシックス」-まさに適切なタイトル:ポール・ウェラーのここ15年のソロ・キャリアにおいてリリースされたアルバムからの楽曲を高品質でスタイリッシュにまとめたコレクションである。

今作にはライヴで非常に人気の高い「フロム・ザ・フロアボーズ・アップ」やラジオから途切れることなく聞こえる「デンジャラス・エイジ」までポール・ウェラーのベスト・シングルが収録。また、2014年のRecord Store Dayにリリースされる最新Sg「ブランニュ―・トイ」も収録される。「ブランニュ―・トイ」のビデオはJoe Connorによって撮影されており、巨大な万華鏡の中に入ったポール・ウェラーがフィーチャーされサイケデリックで素晴らしいエフェクトを生み出している。

「モア・モダン・クラシックス」は、1989年にリリースされ彼の輝かしいソロ・キャリアの最初の章をまとめた「モダン・クラシックス」に続く作品。このアルバムはポール・ウェラーが76年パンク世代の中で最もいきのいい生存者であり、彼の過去そして現在の同輩たちの中ではるかにぬきに出た存在であることを証明する作品となっている。この作品において、彼はアーティストとして絶え間なく進化つづけ、チャンスをつかむことを恐れず、新しいトレンドを取り入れ前に進み続けていることを証明している-常に新鮮であり、そして常に時代精神を超越し続けている。「モア・モダン・クラシックス」は彼の幅広い音楽性、そして楽曲/作詞の才能を常に喚起させ続けるだろう。

商品情報

ベスト・アルバム「モア・モダン・クラシックス」
2014年6月4日発売(輸入盤は6月2日発売)
収録楽曲:
He’s The Keeper / Sweet Pea My Sweet Pea / It’s Written In The Stars / Wishing On A Star / From The Floorboards Up / Come On Let’s Go / Wild Blue Yonder / Have you Made Up Your Mind / Echoes Round The Sun / All I Wanna Do (Is Be With You) / Push It Along / 22 Dreams / No Tears To Cry / Wake Up The Nation / Fast Car/Slow Traffic / Starlite / That Dangerous Age / When Your Garden’s Overgrown / The Attic / Flame-Out! / Brand New Toy

関連リンク ■ポール・ウェラー日本公式サイト:http://www.universal-music.co.jp/paul-weller/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。