ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、7月1日に「ソフトバンクポイント」を「Tポイント」に切り替え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは3月28日、日本最大級の共通ポイントプログラム「Tポイント」を運営するTポイント・ジャパンと提携し、2014年7月よりソフトバンクポイントをTポイントに替えると発表しました。発表によれば、7月1日から既存の「ソフトバンクポイント」は「Tポイント」に変更され、毎月のソフトバンク携帯の利用料に応じてTポイントが付与されるようになります。付与ポイントは1,000円につき5ポイントです。貯まるだけではなく、毎月の携帯料金の支払いやソフトバンク携帯の購入、修理、付属品の購入に利用することもできます(1ポイント=1円)。付与されるポイント数はソフトバンクポイントから減ることになりますが、Tポイントに替わることで使える場所が大幅に増え、別のところで得たTポイントもソフトバンク商品の支払いに充てることができるようになり、スマートフォン・ケータイの利用で得たポイントの汎用性が格段に向上します。既存のソフトバンクポイントの取り扱いについては、Tポイントに交換することはできませんが、7月1日以降も利用できます。なお、2014年4月1日以降にソフトバンクを新規契約した方には先行して契約日以降の利用分からTポイントが付与されます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
テザリングアプリ「Xperia Link」にBluetoothテザリング機能と自動接続機能が追加
LG、「LG G Pad 8.3(LG-V500)」のAndroid 4.4.2アップデートを開始
英EE、低価格LTEスマートフォン「EE Kestrel」を初の自社ブランド製品として発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP