ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スマートデータリンク Mobizen」は非対応機種でも一部の機能を利用できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモがトライアルサービスとして提供中の「スマートデータリンク Mobizen」は、対応機種リストに載っていない機種でも一部の機能は利用できます。Mobizenでスマートフォン側にインストールするアプリの対応要件はAndroid 4.0以上を搭載した端末で、PCブラウザ側にはAndroid端末の要件はありません。試しに、アプリがインストールできた海外モデル「Moto X」で試してみたところ、Moto Xでアプリは正常に起動し、Mobizenアカウントを作成することもできました。そして、PCブラウザからWi-Fi経由でMoto Xにログインしてみたところ、1枚目の画像のようにサービス画面が表示されました。ただし、スマートフォンを操作できる画面には「サポートされていないスマートフォン」と表示されます。ざっと確認してみたところ、スマートフォンプレイヤー以外の機能は非対応機種でも利用できるようです。スマートフォンを操作できなくてもファイルエクスプローラーでのファイル管理や音楽・動画・写真の再生・管理ができるので、非対応機種でもそれなりに使えるのではないかと思います。MobizenではWi-Fi、3G/LTE、USBでの接続がサポートされていますが、Moto Xではいずれの方法でも接続できました。USB接続を行なう場合はMobizenプラグインをPC側にインストールする必要があります。Mobizen」(Google Playストア)Source : Mobizenサービスサイト



(juggly.cn)記事関連リンク
テザリングアプリ「Xperia Link」にBluetoothテザリング機能と自動接続機能が追加
LG、「LG G Pad 8.3(LG-V500)」のAndroid 4.4.2アップデートを開始
英EE、低価格LTEスマートフォン「EE Kestrel」を初の自社ブランド製品として発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP