ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PCブラウザからスマートフォンをリモート操作できるNTTドコモ提供の新サービス「スマートデータリンク Mobizen」が提供開始、Androidアプリもダウンロード可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモがPCブラウザからスマートフォンを操作したり、相互にファイルを転送できる新サービス「スマートデータリンク Mobizen」のトライアル提供を開始しました。サービス開始日は3月27日でしたが、昨日はアプリ側の不具合によりほぼ利用できない状況にありました。アプリの不具合は当日中に修正されたようで、現在はGoogle Playストアよりダウンロードできる状態になっています。Mobizenは、PCとスマートフォンをWi-Fi、3G/LTE、USBケーブルで接続することで、PC向けサービス画面からスマートフォンにアクセスでき、ファイルを送受信したり、Androidの画面をマウス(タブレットではタッチも可能)で操作することができます。スマートフォンにGoogle Playストアから「スマートデータリンク Mobizen(おためし)」をインストールしてMobizonアカウントを作成。アプリ内でサービスを開始させておきます。一方、PCブラウザ側では、https://mobizen.jpにアクセスし、アプリで作成したMobizenアカウントでログインします。すると上図のような画面が表示されます。Mobizenのサービス画面には「音楽」「写真」「動画」「ファイル」「設定」「ヘルプ」のメニューボタンとその右側にスマートフォンを操作できるスマートフォンプレイヤーが表示されます。各メニューはスマートフォンの音楽/動画プレイヤー、写真ビューワ、ファイルエクスプローラーとして機能し、スマートフォンプレイヤーでは、マウス操作でアプリを起動して操作することができます。Wi-FiとUSB接続の場合は比較的リニアに動作します。スマートフォンプレイヤーは、アプリをフルスクリーンモードなどにすると表示が横向きに変わります。



(juggly.cn)記事関連リンク
OPPO Find 7a グローバルモデルの予約受付が4月7日より実施
Android端末のイヤホンジャックを操作ボタンとして有効活用できるアクセサリー「Pressy」の予約販売が開始
「Android 4.4.3」の変更内容が伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP