ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One(M8)が台湾で発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCの新フラッグシップスマートフォン「HTC One(M8)」が台湾でも発売されました。台湾で発売されたのは香港で発表されたものと同じ2.5GHz駆動のMSM8974ACプロセッサを搭載した高速版です。ただ、TD-LTEには対応していません。台湾モデルの対応周波数は、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/DC-HSDPA/HSUPA(850/900/1800/2100MHz)、FDD-LTE(700/900/1800/2100/2600MHz)となっています。現地での販売価格は、16GBモデルが21,900台湾ドル(約73,500円)、今後発売される中華電信限定の32GBモデルは23,400台湾ドル(約78,600円)です。Source : ePricePCHome



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、「Google Playデベロッパープログラムポリシー」を改定してエロアプリの締め出しに着手
OPPO Find 7a グローバルモデルの予約受付が4月7日より実施
Android端末のイヤホンジャックを操作ボタンとして有効活用できるアクセサリー「Pressy」の予約販売が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP