ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外資高級ホテル お得でHな活用術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、都市部を中心に外資系の高級ホテルの開業ラッシュが続いている。一度は行ってみたいし、デートのキラーコンテンツにもなりそうだが、平日でも1泊3万円以上がザラ。実際に宿泊するのはかなりハードルが高い。そこで、昨年から今年にかけてオープンした注目の外資系ホテルを例に、宿泊せずとも楽しめるお得なホテル活用術を紹介しよう。

【画像や図表を見る】

【インターコンチネンタルホテル大阪】2013年6月オープン
ホテル内のレストラン、バー、ラウンジ、パティスリー、スパは宿泊客以外の入店も可能。とくに狙い目は、20階のバー「adee(アディ)」のランチタイム(11時30分~14時)。週替わりワンプレートランチが2500円と、高級ホテルにしては手頃な価格設定だ。ホテルランチを堪能した後は、4階のスパ「ALL THAT SPA」でリラックスしよう(要予約)。

【東京マリオットホテル】2013年12月オープン
広々としたロビーアトリウムにある「ラウンジ&ダイニングG」は宿泊客以外でも利用可能。3月31日までは、毎週月曜日と金曜日にハッピーアワーを実施中で、ビールやカクテルなどのドリンクメニューが500円。また、店内には個室も用意され、ランチミーティングなどビジネスシーンでも活用できそうだ。

【ザ・リッツ・カールトン京都】2014年2月オープン
ホテル内にはイタリアンと和食のレストランがあり、いずれもランチとディナーは宿泊客以外も利用できる。特筆すべきは、ホテル内のレストランで、世界中のスイーツファンに愛されるパティシエ、ピエール・エルメ氏の選りすぐりのスイーツが食べられるところ。話題のスイーツをいち早く食べられるとなれば、宿泊せずとも自慢になりそうだ。ちなみに、ランチの予算は平日4000円前後~、土日祝5000円~、ディナーなら財布に最低1万円は入れておきたいところ。

【大阪マリオット都ホテル】2014年3月7日オープン
ホテル最上階(57階)、約270mの高さに位置するレストラン「ZK(ジーケー)」や、19階のライブキッチン「COOKA(クーカ)」は宿泊客以外も利用可能。「ZK(ジーケー)」の一番安い平日ランチは5000円程度。和洋の多彩な料理だけでなく絶景も楽しめるとあれば、一度は利用する価値がありそうだ。

この他、夏にはアンダーズ東京、冬にはフォーシーズンズ京都など、外資系の高級ホテルのオープンが控えている。上記の通り、ホテル内のレストランやバーなら、ほとんどが、宿泊客以外の利用を受け入れている。ただ、ドレスコードがあるところも多いので、事前にしっかりチェックしておこう。

ちなみに、外資系ホテルでは、会員制度を用意しているところも少なくない。ホテル会員になると、宿泊時に入会員ならではの特典が受けられたり、無料宿泊特典に交換できるポイントが貯まったり…と、様々なメリットがある。入会金無料で入会自体は気軽にできるのがほとんどなので、興味がある人はホテルのWebサイトやホテル内に設置されたパンフレットで情報をゲットしてみては? 彼女を連れていけば、いつもと違う大人の雰囲気に、思わず気分も高まっちゃったりして…。

(高橋恵子/H14)
(R25編集部)

外資高級ホテル お得でHな活用術はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
LTEで沖縄離島の宿泊予約が簡単に
「ネット環境」整備の節約ノウハウ
ドライブデートに!「道の駅」5選
2020年スマホは自販機で買う?
スマホ「お得クーポン」活用のコツ

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。