ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gesture Navigation : iPadのマルチタッチジェスチャーをAndroid端末で実現できるXposedモジュール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.0.3以上を搭載したスマートフォンやタブレットでiPadのマルチタッチジェスチャーを実現するroot端末ユーザー向けのXposedモジュール「Gesture Navigation」がリリースされました。このアプリを利用すると、2本~5本指でスワイプ操作やピンチ操作で端末を操作したり、特定のアプリを起動することができるようになります。iPadでホームボタンを押すことなく端末を操作することがroot化したAndroid端末でも可能になり、また、ナビゲーションバー上のボタンを利用せずに端末を操作することも可能になるわけです。ちなみに、iPadでは5本指でピンチするとホーム画面に戻り、左右に動かすとアプリが切り替わり、また、4本指で上になぞると起動中のアプリが表示されたりします。このXposedモジュールでは、前の画面に戻る、ホーム画面に戻る、メニューを表示する、音楽プレイヤーで再生する、選曲する、スクリーンショットを撮影する、音モードを変更する、フラッシュライトを点灯する、登録したアプリを起動することが可能です。操作内容や起動するアプリの割り当ても設定メニューから2本~5本指の上下左右のスワイプまたはピンチ操作に割り当てることができます。Source : XDA Developers(Xposedインストーラー)



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、7月1日に「ソフトバンクポイント」を「Tポイント」に切り替え
「スマートデータリンク Mobizen」は非対応機種でも一部の機能を利用できる
HTCが中国で「Desire 516」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP