体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『サイバーショット』にラインストーンをあしらった優美なデザインモデル登場

DSC-W350D

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ『サイバーショット DSC-W350』の本体外装に、ボタニカルパターン(唐草模様)やラインストーンを組み合わせた、エレガントなプレミアムデザインモデル『DSC-W350D』を、4月23日に発売します。

DSC-W350D ジュエルピンク

『DSC-W350D』(1410万画素)は、曲線美が際立つボタニカルパターンや洗練されたドットパターンとラインストーンを組み合わせたデザインスチルカメラ。カラーは、本体の塗装にサテンのように輝く淡いピンクを施したジュエルピンクと、奥行きある透明感を感じさせる白を表現したプレシャスホワイトの2色です。

ジュエルピンクのボタニカルパターンは、コントラスト効果で角度によって見え方が変化。レンズリングの表面には、クリスタルカットした透明素材を重ねてコーティングし、やはり角度によって色目が変化します。さらに、リング裏面にはミラー処理を施し、色の反射が繰り返され、透明感と輝きを表現します。

DSC-W350D プレシャスホワイト

プレシャスホワイトは、前面パネルに洗練されたドットパターンとラインストーンを組み合わせたシンプルで上品なモデル。レンズリングは、アクセサリーや時計のような宝飾品をイメージし、裏面のミラー処理により、透明感と奥行きある質感を実現しながら、リングの印字がきらりと輝く高級感も演出しています。

別売のケースは、本体と同じ模様とラインストーンでデザイン。ストラップも、本体デザインと調和するクリスタル形状のチャームがアクセントになるなど、本体を“ドレスアップ”します。『DCS-W350D』の予想販売価格は2万70000円前後(オープン)、ケースの希望小売価格は3360円(税込)です。
 
 

■関連記事
スリムで防水の“サイバーショット”『DSC- TX5』
オリンパスイメージング、防水・耐衝撃・耐低温デジタルカメラ『μTOUGH-6020』など発売へ
オリンパスイメージング、ハイビジョン動画対応のズームデジタルカメラ『μ-5010』など発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。