ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今後のGoogle Play開発者サービスのアップデートでAndroid 4.4端末の「画面のキャスト」が利用可能になる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)で追加された「ディスプレイ」の「画面のキャスト」セクションがGoogle Play開発者サービスに依存していることが判明しました。Android 4.4を搭載した端末をお持ちの方は何も表示されない「画面のキャスト」の存在を不思議に思っているはずです。セクション名からChromecastなどへの画面転送機能を提供するものだと予想されますが、今は開いても何も表示されず、機能していません。ところが、CyanogenMod提供の「Mirror」アプリをインストールすると、上図のようにQuickSettingsパネルに「画面のキャスト」が表示されるほか、「画面のキャスト」に”Chromecast”と”Computer”が表示されるようになります(ダブっていますが)。ここで「Chromecast」をタップすると「Google Play開発者サービス」によるエラーメッセージがトースト表示されます。「Chromecast・・・Mirror」をタップすると「Mirror」アプリの機能によってChromecastにAndroidの画面がミラーリングされます。つまり、「画面のキャスト」はGoogle Play開発者サービスに依存しており、現行バージョンでは対応していないことになると思います。Googleは今後のアプリのアップデートで対応させることを計画しているのかもしれません。ちなみに、「PCへの画面転送」機能というのは、ワイヤレスでミラーリングされたAndroidの画面をPCブラウザ内で表示できる機能です。



(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、Android向け「Office Mobile」を無料化
Gesture Navigation : iPadのマルチタッチジェスチャーをAndroid端末で実現できるXposedモジュール
携帯3社のエリアメール/緊急速報メールが4月1日より消防庁のJアラートによる国民保護情報の配信に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP