ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Exynos 5 Octaプロセッサを搭載したGalaxy S 5の3G版をインドで発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが本日3月27日にインドで「Galaxy S 5」を発表したのですが、なんと、インドで発表されたのはMWC 2014で紹介されたグローバル向けLTEモデルではなく、同社の8コアプロセッサを搭載した3G版だったのです。インド市場でGalaxy S 5は4月11日に発売されます。価格は、16GBモデルが51,000ルピー、32GBモデルが53,000ルピーです。カラバリはブラック、ホワイト、ブルー、ゴールドの4色となっています。インドで発売されるGalaxy S 5に搭載された8コアプロセッサは「Exynos 5422」です。CPUは最大1.9GHz駆動のCortex-A15×4+最大1.3GHz駆動のCortex-A7×4で、ARM big.LITTLE HMP技術が適用されています。搭載されている通信bチップはIntel XMM6360で、DC-HSDPA 42.2Mbpsには対応しますが、LTEには対応していません。この点を除いてはグローバル向けLTEモデルと共通しています。SamsungはGalaxy S 5のほかにも、新スマートウォッチ「Gear 2」、「Gear 2 Neo」、「Gear Fit」も発表しました。3機種ともGalaxy S 5と同じく4月11日に発売される予定です。価格は、Gear 2が21,900ルピー、Gear 2 NeoとGear Fitが15,900ルピーです。Source : Times of IndiaSamsung India



(juggly.cn)記事関連リンク
Jolla、Google Nexus 4で利用可能な「Sailfish OS」のOSイメージを公開
Knowit MobileからXperiaテーマ用新テーマパック6種類がリリース
NTTコミュニケーションズ、データ利用量の確認やプラン変更を行える「OCN モバイル ONE アプリ」を4月1日にリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP